« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

タンスの肥やし

今日は、引っ越しに向けて、お掃除をしました。

って言っても段ボールにつめられるものを少し詰めただけですが…

使ってないもの、存在を忘れてたものを発見して、とっても反省しました。

日本人は平均300枚くらい服をもっているって、先日ある先生に聞きました。

う〜ん、あるかもしれない…って思いました。

姉や母親のお下がりの他に、自分で買った服、何度か買った福袋(大反省してます)、マラソン等のイベントに参加してもらったTシャツ…あるかもしれません。

1年365日しかないのに、300枚って、多すぎる。

使ってない服がいっぱいあるってことがよく分かる。
バカなお金の使い道。
そのタンスの肥やしを作るために不正な労働をさせられてる人がいたのかもしれない。

私はそんなこと考えずに生活していた。
恥ずかしいなって思う。

だから、今持ってる物は寿命を全うさせる!
これから必要で買うものは、それを作るのに必要な料金をちゃんと払って環境にも配慮して作られたものにする!

と心に決めました。

それが一番気持良く生活出来る方法だって思うから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

枝豆

5月ごろ、ベランダのプランターにいつもお世話になっているYさんに頂いた大豆を植えました。

そこからニョキニョキ芽が生えて・・・ついにこんなに立派な実を付けました。

Img_2232

いつ食べようかな

気まぐれで洗い物をしたときの水をベランダに持っていってお水やりをしただけなのに、なんだか感激です。

ちなみにちょっと前にキアゲハの幼虫によって丸裸にされたパセリは復活してきました。

Img_2230


ただ、さ来週に引っ越しをすることになっていて、そこのベランダはあまり日が当たらないので、プランターを置ける台をどこかでgetせねばと考え中です。

新しいおうちは、今よりも広くなるので少し家具を購入したいと思っています。
出来るだけそのまま放置したら自然に戻っちゃうような材料でできたものが欲しいなぁと思っています。
いいものって、だいたいそのまま放置すると自然に戻っちゃうような材料(木、金属、石)でできていて、しかも、そういうものは古くなったらいい味が出るんです。

一方、放置しても自然に戻らないもの・・・たとえばプラスチック、ビニールなど・・・は、古くなるとボロくなっちゃうんです。

前者は「高くて」って思ってしまいがちですけど、ずっと使える!大切に使おうと思える!人にあげたりリサイクルショップに持っていけそう!という点で実は高くなくなっちゃうのかもしれない。

後者は、劣化すると壊れてしまってまた新しいのを購入する・・・の繰り返しで実はいいもの1つを購入するより高くついちゃうかもしれない。
そう、まさに「安物買いの銭失い」なのです。

なので、今回の買物は、
・いいものを買う
・リサイクルショップの活用
がテーマなのです。楽しみだな。

ちなみに私が今使っているベッドのスプリング(これを畳の上に敷いて、その上にお布団しいています)は、小学校4年生くらいの時に親戚のおばちゃんがくれたベットのスプリングで、
多分もう30年近く使ってるんじゃないかな。
周りの布が破けてあられもない姿なので、彼も寿命を全うしたと言っていいかな
また、ずーっと使いたくなりそうな物を買おっと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「トイレに行きたい!」

「トイレに行きたい!」
こんなに1日のうちにこう思ったことはないでしょう。

昨日はやたらとトイレに行きたくて、行ってもすぐに
「トイレに行きたい!」
ってずっと思ってました。
実際に、何度も・・・途中からずっとトイレにいました。

夜もトイレに行きたくて眠れず・・・Google検索してみると・・・排尿痛もあるし、「膀胱炎」の症状にぴったり当てはまるのです。

あまり眠れぬまま起きて、今朝泌尿器科に行ってきたら、やっぱりそうでした。

尿道に菌が入って繁殖するとなるらしい。
(トイレを我慢するとなるって思ってたけど、それは菌が繁殖しやすくなるからなんだろうな)
特に女性はなり易いらしいです(尿道が短いから)。

多分友人の話などを総合して考えると・・・
ストレスで免疫力が下がり、菌が繁殖し、膀胱炎になった。みたいです。
私はストレスがたまると免疫力が下がるらしく・・・以前も別の菌にやられました。

お薬貰って様子を見ることになりました。多分2、3日で治りそうです。

何度もトイレに行ったり・・・エコじゃないけど、それどころじゃない1日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Be the change you want to see.

“変えたいと思うなら、あなたがまずそうなりなさい”

訳があっているか心配ですが、これはガンジーの言葉です。

私が最近読んでいる本や、講演を聞いた方、みなさんがみんなガンジーの言葉を口にされているのです。

例えば、

People Tree の代表のサフィア・ミニーさんの「おしゃれなエコが世界を救う」(サフィア・ミニー 日経BP社 1500円)では、“Be the change you want to see.”が出てきました。

先日聞いたNPO地球村代表の高木善之さんもガンジーの「非暴力」という言葉を使い、「非対立」で世界を変えていこうと「選択可能な未来」に書いておられました。

私の指導教官の先生もガンジーの言葉が好きだと言っておられて・・・
私も“Be the change you want to see.”という言葉、とっても好きです。
それから「非暴力」も。
怒りっぽい私は、今いつも笑顔でいられるよう、心がけています。
そしたら腹が立つってことがなくなりました。
(但し、納得いかないことはとことん議論しますが)

私は世の中を少しでも良くしたいって思います。
でも、自分が変えられないのに、人に「変えて」なんて言えません。
だから、自分がまず変わろうと思います。

何を言っているかも重要だけど、何をしているかで人は判断されます。

使い捨てが嫌ならそれを買わない・貰わない。
ゴミを減らしたいなら、包装の少ないものを買う。
お給料をちゃんともらいたいなら、他の人もちゃんとお給料をもらえるように適正な価格で買い物をする。
頑張ってるのを認めてもらいたいと思ったら、他の人を認める。
それは安全で地道な物作りをしているものを購入するということで、表すことができます。

だから、フェアトレードの物、近くで採れたもの、顔が見えるお店で買おうと思うのです。
安く手に入れられることより、そっちの方が重要だって私は思うんだけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

形あるものいつかは壊れる

形あるものいつかは壊れる
壊れました。

一人暮らしを始めてから7年使い続けた包丁が。

蓮根を切っていたら、包丁の先がコロリン…と落っこちたのです!

ホームセンターで購入した包丁セットで、いい包丁ではなかったけど、研ぎながら使っていました。

寿命まで使えたなら、嬉しいと思います。

次は、ちゃんと直してもらえる包丁を刃物屋さんで購入しよっと☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ぬか漬け

ぬか漬け
今日の晩酌のお供は、ぬか漬けです。

2年くらい前に手に入れた無添加のぬか底に大根を漬けていました。
(タッパーに入れて、冷蔵庫で保存しているので、毎日は手入れしていません。気が向いた時に混ぜ混ぜしてます)

この前ぬか底に塩を加えてみたら、入れすぎたみたいで、ちょっとしょっぱい(>_<)
でも自家製のぬか漬けはたまりません。

絶やしたくない日本の文化です♪

ちなみに私のぬか底は、愛知県の「道長」というお漬物屋さんの通販で買いました。
おすすめですよ〜(^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エコロギフト

先週、誕生日プレゼントにお花と木をもらいました

お花は分かるけど木って???

って思う人が多いのではないかと思います。

でも、木を担いで帰ってきたわけじゃありません。実際に貰ったのはこれです。

Img_2135

そう、植樹証明書です。お花と一緒にこの植樹証明書をもらいました。

Img_2101

お花は、水滴がきれいで夢中になって写真を撮っていたら、全体像を撮るのを忘れてしまいました。もう、少し枯れかけているのですが、撮ってみようと思います。

このプレゼントの形(?)をecologift(エコロギフト)というそうです。

あげる人、もらう人の他に、もう一人(?)嬉しい人がいます。

私は白神山地に1本の木を植樹してもらいました。

そうすると、白神山地の生態系が・・・1本では変わらないかもしれないけど、何人かがプレゼントすれば・・・保たれ、山の保水能力も上がり、CO2も吸収してくれる

そして、次の世代にそんな素敵な自然を残すことができる、そんなプレゼントなのです(正確には、社会貢献活動を送るギフト)

私は16歳の時、和歌山県で森林ボランティアを始めました。

当時、代表世話人をさせてもらっていた環境福祉ボランティアサークル「amoeba」の活動です。

下草刈り、間伐、松枯れの松の伐採と焼却による被害の軽減・植樹などなどをやっていました。

そして、19歳の時から、中国の黄土高原に植林をしている緑の地球ネットワーク(GEN)というNGOに入り、幽霊会員を今も続けています。

こっちは総会に参加したり、会費を払ったり、写真展のお手伝いをしたり、使用済み切手を送ったり、心の中で応援したり・・・くらいしか出来ていません。

今も広島県内で山のお手入れの手伝いは続けさせてもらっています。

福富町や龍王山などにたまに出没しています

だから、木には並々ならぬ思い入れがあるのです

フェアトレードもそうですが、嬉しい人が増える買い物やプレゼントの形、増えてます。

誰かに贈り物をするときには、ぜひ、嬉しい人が増える方法を選んでみてはいかがでしょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きりん君

10/4に、広島大学で、

わしらの街にペレットを 木質バイオマス地産地消に向けて in 東広島という、木質バイオマスの地産地消をテーマにしたシンポジウムがあります。

私は昔からお世話になっている(かれこれもう7年です)、池の底の堆積物から過去の環境を調べる研究などをされているS先生に声をかけて頂いて、少しお手伝いしています。

私はシンポジウム当日に司会をすることになっているので、金曜日に打ち合わせに行きました。

打ち合わせは30分程度で終わり、それからバーベキューをしました

このシンポジウムは、木質ペレットといって木を細かく砕いて塊にしたものをもっと使っていこうということを目的にしています。

Photo_2

なのでS先生が自腹で買われたペレットグリルヒーター「きりん君」を使ってバーべキューをしました。(見た目がきりんに似ているから「きりん君」だそうです)

Img_2113_2

参加者はこのプロジェクトの参加学生、S先生、ペレットストーブを扱われているヤマノイさんという会社の社長さんご一家などなどでした。

ペレットに火をつけると5分もすればもう鉄板はすごく熱くなっていて、今までの炭に火をつけるのに苦労していたのを考えると・・・驚異的です。

すぐに焼き始められます。

何度か炭を使うバーベキューセットと並べて焼いてみたのですが、焼き始めるまでの準備時間、野菜やお肉が焼けるまでの時間、どれをとっても「きりん君」の圧勝です。

このプロジェクトに参加している学生は半分が中国の留学生で、そのひとりYちゃんはとっても料理好きで、料理上手で、かわいい働き者。

私はYちゃんが作ってくれた料理を食べてばっかりでした。

Yちゃんを見て、同じく中国からの留学生のS君は、「中国でも絶滅しちゃいそうなぐらい、すごくいい子」って言っていました。中国の「大和撫子」ですね。

でも、私は皆には公言していませんが、なるべくお肉を食べないようにしようと心がけています。

そんな私にはバーベキューはかなり手ごわい存在。お肉を食べないという選択がしにくい・・・でもみんなとご飯食べたい。

そう思っていたら、Yちゃんは蒟蒻や野菜もいっぱい焼いてくれて、今回はほとんどお肉を食べないバーベキューができました。Yちゃんありがとう

私がなぜおあまり肉を食べないようにしているかというと、

それは、お肉(牛肉)を作るためにはその10倍近い穀物が必要で、その穀物を作るためにはさらに100倍近い水が必要なのです。(豚肉や鶏肉はまた量が少し違います)

つまり1kgの牛肉を作るために、10kgの穀物が飼料として必要で、その穀物を育てるためには1tの水を使っているのです。でも牛が飲む水を考えるともっとだそうです。

農水省によると、日本の穀物自給率は2008年で27%、カロリーベースで39%です。

国産の牛肉を買っても、牛肉に食べさせている穀物は輸入であることが多い。

そうなると、水のたくさんある日本が海外の穀物を輸入することで、水を輸入しちゃっていることになる。

こんなふうに、農作物の輸入によってそれを作るのに使われたであろう水を輸入してるって考え方のことをバーチャルウォーターって言います。日本では、東京大学の沖先生がこの研究で有名です。

水だけでなくて、牧場をつくるために熱帯林が切り開かれて、先住民が命を失ったり、

森林が無くなることによってCO2吸収源が減り、トラクターを使ったりするエネルギーも増える。

しかも、穀物だけをみんなが食べていたら、世界中の人がみんな食事を出来るのに、お肉を食べる人が増えると食料が足りなくなる。だから、あまり食べないようにしようと心がけているのです。

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)のパチャウリ議長も、先日 「肉の消費を減らそう!」と発言されていました。

週に1日でもいいから休肉日を作ってみてはどうでしょう

代わりに大豆やナッツ、オリーブオイルやゴマ油を使ってみると、ヘルシーでおいしいですよ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

おいしいコーヒーの真実

先週、「おいしいコーヒーの真実」という映画を見に行ってきました。

この映画は、

私たちが飲むコーヒーがどのように作られ、自分たち飲むまでどのような人たちが関わって、どこにどれぐらいのお金が落ちているのか?それが生産者の人たちの生活にどのような影響を与えているのか?

ということを伝えるドキュメンタリー映画です。

Img_2131

写真はパンフレット(¥600)の表紙です。

コーヒー豆を一つずつ選別している女性たちです。

見終わって、

「やっぱり世の中おかしい。なんとかしてこの状況を変えたい!変えねば!」

と思いました。悔し涙が出ました。

私がフェアトレードを広めるお手伝いがしたいと思っているのも「この状況」を変えるための1つの行動です。

1日中働いても、自分たちの家族を養えない(賃金が低すぎて)、子供を学校に行かせてやれない、十分に食べさせられない、麻薬の栽培に手を出さざるを得ない人の気持ちを考えただけで辛い。

そんなことも知らずにコーヒーを飲んではいけないと思う。

コーヒーに限らずチョコレート、砂糖、熱帯のフルーツが安く買える現状がどんな犠牲や搾取の元に成り立っているのか知るべきだと思う。

知ってしまったら、今の生活にいっぱいいっぱいだからそんなこと考えられないなんて言えないと思う。

物価が高くなって困っているのは分かるけれど、毎日の食事に困るほどではない。私たちの苦しいと途上国の人の何日も食べれないというのはレベルが違う。

この映画を色んな人に見てもらって、自分の買う物がどこからどんなふうにやってきたか考えてほしいなぁと思います。

もし、フェアトレードの製品が購入したくなったら、私の研究室のHPに広島で買えるお店リストがあるので見て下さい。

先生と二人で勝手にフェアトレード推進委員会を作ってます

ちなみにこの映画、5月くらいからチェックしていましたが、広島では見られないかなぁと残念に思っていたら8/31から横川シネマで上映しています。

横川シネマでは今のところの予定表では10/5までは1日1回以上上映しているようです。

横川シネマはとっても小さくて個性的な映画館です。

やっている映画はとってもいいのだけど、人は少なめで私が見た時は私たち(2人)含め8人くらいしか見ている人がいませんでした。経営大丈夫かな?

横川シネマの存続と正しい知識を得るために、ぜひぜひ「おいしいコーヒーの真実」見に行って下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ベランダ

私のアパートは、月25000円の古いアパートです。

6畳の部屋(畳が好きで畳です)、お風呂、トイレ、台所(玄関までつながる廊下ともいう?)、そしてベランダがあります。

洗濯機はベランダにしか置けないので・・・冬になったら凍って使えないときがあります

でもベランダは私のとっても好きな場所です。

Img_2050_2

3つのプランターがあります。

奥はキアゲハの幼虫に食べられて丸裸のパセリのプランター。

Img_2051

中央は、いつもヤギのミルクを下さる(今日はお漬物と梅干を頂きました)Yさんに頂いた大豆(もうすぐ枝豆が収穫できます)、そしてどこからともなく生えてきたアサガオ、なぜ生えたか全く理解出来ないジャガイモ。

Img_2055

Img_2061_2

そして手前は、ネギとバジルのプランターです(水やりをさぼっていたのでちょっとしおれています)。

採れたてのネギが食べられます。

Img_2060

プランター以外にも、水色のバケツのようなもの・・・・生ゴミコンポスト容器があります。

Img_2048

家で出た生ゴミは、その日のうちに(これがポイントです、その日のうちに!)この容器に入れます。そして米ぬかをかける。それを繰り返していき、満タンになったらちょっと発酵させる。すると、堆肥ができます。

Img_2049

全然臭くありません。

今まで大学でやっていたのですが、ついに自分の家から生ゴミ臭とおさらばし、可燃ごみを減らし、無農薬の堆肥が作れるようになりました(まだ家では始めたばかりですが)。

堆肥が出来たらプランターで使う予定です。あ~楽しみ

実はこの生ゴミコンポスト容器、市の補助金を使って購入しました(半額)。

東広島市では、ゴミを減らそうと頑張っていて、生ゴミコンポスト容器に補助金出しているんです(しかも電気式のものは、補助金の上限額が今年から上がったらしい)。

市で補助金をもらって購入するには2回市役所の環境衛生課に行く必要があります。

まず、印鑑を持って書類をもらいに行きます。

1枚目の書類に住所や名前などを書いて印鑑おして提出。

もう1枚にどこに置く予定かとかを記入してから、もらってきます。

Img_2033

説明の書類や後日提出する書ももらいます。

Img_2034 Img_2035

そして、生ゴミ処理機を購入し、領収書をもらってきます。

私はナフコの園芸コーナーで購入。2480円でした。

Img_2038

必要書類に記入をして1カ月以内にまた、市役所に書類を持っていくと、銀行口座に後から申請額を振り込んでもらえます。

Img_2032

100円未満は切り捨てで、私の購入した容器の場合上限3000円の半額支給なので、1200円振り込んでもらえるみたいです。

電気式のものは2万円が上限だそうです。

市役所では、カッコイイ職員さん(お友達が何人か働いているのです。みんなとってもカッコよくて優しいですよ。)が丁寧に教えてくれました。

生ゴミコンポストをすると・・・

・生ゴミの腐った臭いから解放される

・ゴミが減る(CO2の排出量が減る。燃やすとき・運搬する時の。)

・堆肥が出来る(植物を育てられる・生き物が来る)

などなどいいことがいっぱいあります。

せっかく市の補助金もあるので、ベランダ菜園から始めてみませんか

| | コメント (4) | トラックバック (0)

高木善之さんの講演会

今日は、ネットワーク「地球村」というNPOの代表 高木善之さんという方の講演を聞きました。

私はスタッフ(あんまり大したことはしていませんが)という形で、展示のお手伝いなどそしていたのですが・・・

学生特権とでもいうんでしょうか、講師の高木さんが講演までの間、

楽屋でずっとおいしいおにぎりとお漬け物、ブドウを食べながら、お話をさせて頂きました。

講演ももちろん、その後の懇親会でもたくさんのお話を聞かせて頂きました。

高木さんは一度、交通事故で27年前医学的に死なれたそうです。でも生き返られたそうです。なんだか良く分からないけどすごい。

そこから人生が変わって、世の中を変えたいと本気で頑張っておられる方です。

国連でもお話しされたりしていて、でもとっても分かり易く、でも力強く、

今日本が何をしなければいけないのか、どうしていくべきかをお話して下さいました(高木さんが「ぜひ今日聞いたことを伝えて欲しい」と言われていたのですこーしだけ書きます)。

私たち一般の人がすべきことはグリーンコンシューマーになることです。

グリーンコンシューマーというのは、環境に配慮した選択をする人の(消費者)ことです。

目先のことでなく、未来のことを考え、お金でなく命を大切にし、経済でなく環境を優先させ、利便性でなく永続性を求めた選択をすることが大切です。

世界で餓死している人は1日に5万人。

日本で1日に捨てている食料は3000万人分。

農水省によると、日本の穀物自給率は2008年で27%、カロリーベースで39%です。

輸入して捨てて、おかしい。

この原因の一つが、より新しい食品を選んで購入する消費者の行動にあります。古いものが売れなくて廃棄されちゃう・・・もったいない。

すぐ食べるなら賞味期限が今日のものを買ったらいいじゃん。

その行動一つで廃棄食料は減らせます。

他にもいっぱいいっぱいありますが、2時間の講演+楽屋でのお話+懇親会でのお話は書ききれません。

そういうのを少しずつ紹介するために、このBlogを作ったので少しずつ紹介しますが・・・

詳しくは高木さんの講演会を聞くか(毎日世界中で講演されています)、本を読んでください。こちらから購入できます。

ネットワーク「地球村」の会員になると、会誌を読むことができるそうです。

会費は世界の貧困・飢餓・環境破壊を食い止めるために使われるそうです。

ちなみに、知っている人は知っている「てんつくマン」は高木さんのことを「父さん」と呼んでいるそうです。(てんつくマンについてはまた書きたいと思います)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

カマキリ

カマキリ
ベランダのキアゲハの幼虫用にセロリを買ってきました。

セロリをあげるため、ベランダに出てみると…カマキリがいました。

嬉しい(^-^)

実はうちのベランダは化学肥料も殺虫剤も使っていないのです。肥料は生ゴミたい肥です。

だから、色んな生き物が来てくれる。嬉しい☆

ゆっくり観察してみると、梅雨ごろに植えた大豆に実がなっていました。

もう少ししたら自家製の枝豆が食べれるかも♪

楽しみだな。

ベランダ菜園、お勧めです☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すごい食欲

すごい食欲

今朝ベランダに出ると、パセリが丸裸になっていた。

犯人は、10匹近くもにょもにょと動いてた青虫。

すごい食欲です。プランター1つ分丸々よくしげっていたパセリたべちゃいました。

去年も同じような青虫がいたから、定着したのかな。

生物多様性に少しでも貢献出来たならよしとしよう♪

でも、もう餌が無くなっちゃったみたいだから、餌をGetしてこなきゃ。

先生に聞いてみたら、キアゲハの幼虫らしく、セリ科(セロリとか人参とか)の葉っぱを食べるらしい。

私はセロリ苦手だから・・・スーパーで廃棄処分直前のセロリが手に入ったらいいのにな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

何語だろう?

今日大学に来ると、ネットが繋がりませんでした。
先生が用事で出かけられるので、原因究明&解決を任されました。

しかし私には原因は分からずチンプンカンプンなので、詳しそうな地学のH先生に質問しに行きました。

事情を説明すると、「えっ?それでつながってたの?ホントに?」と言われてしまい、部屋まで来て見てもらいました。

部屋に入ってケーブルを見て一言、
「何これ?こんなの使ってるのー?」
それは、部屋につながっている回線とルータを繋げていた、それ専用だと思っていた(むしろいいやつだと思っていた)灰色のケーブル。
じつは、10Mbite(?)用の化石のようなケーブルだったらしい。
(今の標準は100Mbiteくらい?)

他にも色いろ問題があったのですが、ちょうちょの研究をされているO先生も来て下さり、解決法がなんとか分かりました。

でも、パソコンまではいいとしよう、ネットワークが絡んでくると、
IPアドレスから始まり、サブネットマスクとかDSNサーバとか、インターネットアドレスとか・・・もうよく分からない言葉ばっかり。

うちの研究室の先生含めた3名は「何語だろう?」という感じで、みんなポカーンとしちゃいました。

しかもネットワークプリンタのIPアドレス(住民票を移さないと戸籍票とかがもらえないのと同じ?)が登録できていなかったらしいことも判明し、その手続きを大学側にやってもらうまでネットワークプリンターは使えません。
でもUSBでつないだら使えるのでなんとかなるけど、ネットって便利だけど良く分からん。

そういうのを判断してくれる専門の人がいてくれたらいいのにな。
今日は、そんなこんなで、一日終わっちゃった

私がこのblogを始めようと思ったのは、世の中難しいことが多いから、少しでも分かり易く伝えられたらいいなぁと思ったからです。

でも、今日の内容は、私もチンプンカンプンなので、きっと読んで下さった方にもチンプンカンプンなんだろうな。ごめんなさい。

しかーし、今日は2ついいことがありました。
1つは、バドミントンの調子が抜群によかったこと

もう一つは、
私の初めての英語の論文が雑誌に載った(アップされた)ことです。
さっきチェックしたらアップされていました。研究者の卵として最も嬉しい事柄です

でも、ネットワーク上では印刷できないんです

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »