« 学位論文審査会 | トップページ | 嬉しいことの連鎖 »

UE-netの紙芝居

土曜日に、近くの公民館でやっている小学生の学習会(?)に行きました。

3年ぶりに参加しました。
3年前、2週間に1回の活動に半年間顔を出していました。
でも他の用事で行けなくなって、そのままになっていました。

しかし、前に代表をさせてもらっていたUE-netという大学生の環境サークルのネットワークで、
土曜日に紙芝居をしに行くことになったのです。
その橋渡し役をさせてもらったので、私も急きょ行ってきました。
(ちなみに私は小学生と一緒に見ていただけです

3年間もご無沙汰していたのに、皆さん覚えていて下さって、とっても嬉しかった
きわめつけは、小学5年生のみきちゃん。
3年前一緒に肝試しに行って、公民館で寝たのですが、覚えていてくれたのです。
嬉しい
「また来てね」ってあんなにかわいく言われたら、行きたくなっちゃいます

もちろんこの久々の出会いも嬉しかったのですが、
私は、UE-netの学生が子供の前で自分たちの作った紙芝居をやっているのが見れたことがとても嬉しかったです。

3~2年前にUE-netの代表をしていた時に、目指していたのはこれだったから。だから紙芝居を作ろうとしたし、みんながイメージできるようにと思って、
小学校でエコ教室を開いたり・・・とにかく色々やりました。

それが彼&彼女たちに伝わったと言ったらおこがましいかもしれないけど、
イメージしていたことが実現していて(自分が企画したんじゃないところがポイント)、とっても嬉しかった。

それをうまく伝えられずに帰ってきてしまった。

「UE-neのみんな、ありがとう。」

|

« 学位論文審査会 | トップページ | 嬉しいことの連鎖 »

うれしかったこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: UE-netの紙芝居:

« 学位論文審査会 | トップページ | 嬉しいことの連鎖 »