« 学生最後の学会 | トップページ | 黄金文明展 »

卒業式

3/23に広島大学の卒業式がありました。

私も、広島大学で3度目の卒業式を迎えました。

ということで、無事に博士(学術)の学位を取得することが出来ました。


卒業式の後、自分が所属していた研究科で学位記を研究科長から授与してもらいました(博士だけ手渡ししてもらえます)。

研究科での授与式の間は、ちび丸子ちゃんに出てくるタマちゃんのお父さんがたくさんいるような感じでした。

博士になるまでの間(大学4年の後、修士課程2年、博士課程3年)、先生方は、まるで自分の娘・息子のように私たち学生に公私に渡って多くの指導をして下さいました。

だから、タマちゃんのお父さんみたいに、教え子であり、弟子であり、息子・娘である学生の写真をパシャパシャとカメラで撮影されていました。


私の指導教官の先生ももちろんそうでした。そして、一緒に喜んで下さいました。

先生にとって私は、教え子であり、弟子であり、娘(次女と呼ばれています)であり…実験対象でもありました。
と言っても、薬品を投与されたわけではありません。
地域活動をしながら、科学をしっかり学び、博士をとることが出来るか…という実験の実験対象だったのです。

卒業式の日に研究室の皆さんからもらった色紙に、「実験は大成功でした」と先生が書いて下さって、とても嬉しかったです。

学位記とその先生の言葉で(他にもたくさんの方からお褒めの言葉を頂けたのもそうです)、20歳で分野を変えてから今までの努力が報われた気がしました。

話は変わりますが、今、大学院にはほとんど日本人がいません。
色々な問題があり、博士になることの利点を感じられないからです。
だから、同じ研究科で博士になった約17人のうち、日本人は4人程度しかいませんでした。
そのうち、女性は私一人です。

だからなのか、和服を着ているのも私一人でした。

もちろん、私は自分で着物と袴を着ていきました。
(また、PCから入力したときに、その先生との写真をupします。)

学位記授与式の後で、一緒に博士課程を卒業した留学生と話をしました。着物が珍しかったせいもあって、一緒に写真を撮ろうといいことになり、なんだか国際色豊かな写真になりました。

いい学生生活でした☆

|

« 学生最後の学会 | トップページ | 黄金文明展 »

うれしかったこと」カテゴリの記事

着物」カテゴリの記事

コメント

あさみんさん卒業おめでとうございますO(≧▽≦)O

投稿: shige | 2009年3月30日 (月) 20時37分

shigeさん

ありがとうございます☆

投稿: あさみん | 2009年4月 6日 (月) 19時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卒業式:

« 学生最後の学会 | トップページ | 黄金文明展 »