« 祝!一周年。 | トップページ | お茶タイム »

(自己啓発) 本の使い方

私は小さい頃から本を読むのが大好きでした。

サンタさんに頼むクリスマスプレゼントも本が多くて、小学校4年生の時は父親が毎週木曜日に会社から4冊持って帰ってきてくれる(営業の人が持ってきてくれたんだと思います)、「まんがどうして物語」に夢中で、読むまで眠れませんでした。

さらに小学校4年生のときは、とにかく伝記が大好きで、学校の図書館にある伝記を読み尽くし、図書館に無かったマリーアントワネットの伝記を見つたときには、親におねだりしたのを覚えています。

その後、推理小説にはまったり、英米文学にはまったりしましたが、なんというか、「人が何を考え、どういう風に生きたか」ということに興味があるらしく、気分転換をしようと思うと、書店で自己啓発本を買ってることが多いです。

私はその自己啓発本を何度も何度も読み返します。
そして、自分がそうなりたいと思ったことが出来ているかチェックをして、出来るようになったら、その本から卒業します。

勉強用の本は全てこう使うものだと思うけど、最近自分の行動パターンを振り返って、自然と自己啓発本を使い倒していることに気付きました。

今日は、新幹線で移動していたのでゆっくり本が読めました。新幹線の中で勝間和代さんの「断る力」を読み終えました。2回目ですが、あと数年、何度も読むと思います。

本は先人の知恵が詰まった素晴らしいものです。
いい本をたくさん読んで、どんどん成長していきたいな。

|

« 祝!一周年。 | トップページ | お茶タイム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

お気に入りなもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (自己啓発) 本の使い方:

« 祝!一周年。 | トップページ | お茶タイム »