« 大泣きの忘年会 | トップページ | 人生は自分のもの »

献血

昨日、会社で仕事納めの会みたいな話を聞く時間があり、
その時に「1/4の仕事始めの日に献血カーが来るから、皆さん献血しましょう。」
という呼びかけがありました。

今年は新型インフルエンザの影響などで献血者が少なく、
必要な血液が確保出来ていない血液型もあるとニュースなどでもやっていました。

私は17〜22歳くらいまでの間に20回献血をしました。
10代後半は和歌山県に住んでいて、
その時の家から献血センターは割と近かったので、
よく献血をしていたのです。
献血センターに行くと、成分献血といって、
血液を採った後、円心分離器にかけて血漿だけとかを取り出し、残りの赤血球などをまた戻す献血ができます。
成分献血は献血をした人の負担が少ないうえ、
再生しやすいので、献血回数も増やせます。
(一年で献血出来る献血量は決まっていて、性別や献血方法により異なります)

しかし24歳を過ぎた辺りから、血圧が低い、血の比重が足りないなどなどの理由でぱったりと献血出来なくなってしまいました。

1/4の献血は、400ml献血だけを募集しているらしく、
献血しようと考えてはいますが、
もう一つの関門、体重制限に引っ掛かりそうなことが判明してびっくりしました。
400ml献血は体重50kg以上の人しか出来ないことになっていて、
自分の中でベスト体重だと思っている49kgは400ml献血が出来ないのです。
今は飲み会とかも多くて、体重が増加気味だから献血出来そうですが、
年末年始はお籠りして論文書きをする予定なので、
体重減少が見込まれます。

さて、1/4に私は献血出来るでしょうか?

後日の報告をお楽しみに☆

|

« 大泣きの忘年会 | トップページ | 人生は自分のもの »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 献血:

« 大泣きの忘年会 | トップページ | 人生は自分のもの »