« 受かりました | トップページ | 献血 »

大泣きの忘年会

昨日は仕事納めの日で、
日常業務をちょっとしたり掃除をしたりの1日でした。

仕事が終わってから、
会社の飲み会に1時間くらい参加して…
ビールとワインと日本酒を飲んで準備をしてから
…すでに3次会に突入していた出身研究室の12時間忘年会に参加しました。


私は学生時代、学部の4年生、修士課程の2年間、博士課程の3年間の合計6年間同じ研究室に所属し、
同じ先生に指導して頂きました。
毎朝、フェアトレードのコーヒーを飲みながら研究だけでなく、
人生の生き方、
自然の素晴らしさ、
伝えるというのがどういうことか、
文化とは、
科学者と行政と市民がどう協労していくのかとそれぞれの役割について、
などなど説明仕切れないくらいたくさんのことを教えて頂きました。

もちろん今もすごくお世話になっていて、研究だけでなく人生の師匠だと思っています。
そしてお父さんのような存在でもあり、こんな素晴らしい先生の元で修行が出来た私は本当に幸せだと思います。


学生時代、先生の前でも涙を流してしまったこともあるし、こっそり泣いてしまったこともあります。

それは、自分が自分の課題に対してちゃんと応えられない情けなさ、悔しさが原因でした。

先生はしっかりそれを指摘して下さってるだけなのに、
目の前で泣いてしまって申し訳なかったと思っています。

なのに昨日もまたまた同じ理由で、
忘年会に着いてから多分2時間くらいずっと泣きながら先生とお話していました。

そうなのです。
私は実はとっても泣き虫なのです。
こんなによく泣いた学生は私だけじゃないかと思います。

研究室のみんなにはそれがすでにバレているので、
先生と私が話す間、そっと見守りながら待っていてくれました。
諸先輩方、後輩の皆さんありがとうございました。


でも先生とお話して、
私が焦り過ぎていることが自分が辛くなる原因だということ、
今年はよく頑張った(今年の振り返りは後日やります)ということが分かって、
落ち着きました。


そんな3次会を経て4次会では、
会社のサークルでお茶を習っている後輩(社会人としては先輩)の女の子に、
茶道について教えてもらったり、
楽しくお話しました。

そして24時に解散して帰宅したのですが、
昨日いっぱい泣いてしまったせいで、
実家に帰省する新幹線の中の今も目が腫れぼったいです。

でも今日から3日間はゆっくりする日と決めているので、
しっかり楽しんできたいと思います(*^_^*)

|

« 受かりました | トップページ | 献血 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大泣きの忘年会:

« 受かりました | トップページ | 献血 »