« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

なんとか間に合った(^-^)v

なんとか間に合った(^-^)v
明日講演させて頂きます。

2/27(土)13:30〜
場所:寺西公民館
テーマ:「地球温暖化とまちづくり〜地球のために寺家で始めよう〜」

なんとかほぼ準備出来た…けどテーマと合ってるかちょっと心配。
また徹夜してしまったけど、心は元気。
敗因は週末に徹夜した疲れがあったことと、気になって仕方なくて…HPの更新をしてしまったことかな。


今日会社から帰ったら配布資料作りながら最終チェック頑張ろっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焦りの理由

この週末は、国際シンポジウムと現地視察に参加していました。


◆国際シンポジウム
「流域環境を探る〜過去から未来〜」
日時:2010年2月20日 10:30〜
場所:広島市東区民センター


◆現地視察
日時:2010年2月21日 10:00〜
場所:広島湾


といっても、場所は広島で参加者はほとんど日本人で、
学生時代からお世話になっている方々ばかりで…とっても楽しかったです。


でも韓国国立大学の教授・准教授の先生が来られていて、
韓国のお話も聞けてとっても勉強になりました。


内容は、
枯渇が危惧されるリン資源についての内容がメインでした。
リンの地下水による移動やリンを含む鉱物からの溶出について、かき養殖による水質悪化とその改善策、リンの移動を測定するための同位体分析について…などなどとっても勉強になりました。


シンポジウムではポスター発表もあり、
土地利用と水質の関係についての解析や私も少しお手伝いした地域のホタル再生についての取組みと研究の発表などもありました。
ちなみに、ホタル再生の研究については広島大学総合博物館の雑誌vol.1に載りました。
私も共著者にして頂いているので、HPの業績欄に後日追加します。

佐々木 晶子, 小倉 亜紗美, 福田, 栄二.住民参加によるホタル再生に向けた地域環境の現状評価 <短報> : Investigation of Regional Environments for Restoration of the Firefly, A Symbolic Species of Rural Habitats in Japan , 広島大学総合博物館研究報告 no.1 page.71-76 (20091225).


そこで久しぶりに科学者の方々に囲まれてお話していて分かったことがあります。
それは、
私は研究とか科学の世界から遠ざかって分からなくなってしまうんじゃないかということに、焦りと恐怖を感じているということです。


でも色んな方とお話して(大学の先生や研究所の方、学生さん、企業の方、行政の方)、また頑張る気力が湧いてきました。


しかも、嬉しいサプライズもありました。
シンポジウム会場の窓口受付で場所を聞こうと思ったら、そこになんと友達がいたのです。
2年間一緒にスーパーのアルバイトをした友達の職場が会場だったようです。
久しぶりに会えてとっても嬉しかった(^-^)


さらに夜も楽しいことが目白押しでした。
去年亡くなられた先生を偲ぶ会をして、
飲んだり食べたりしながら2次会、3次回…
そしてホテルに戻ってから韓国の先生のお土産の「人間国宝」と書いた焼酎をのみながら話をしていて気付けば午前5:30
私ともう一人の先生以外は次々に「人間国宝」にやられてダウンしていました。


それから一寝入りして9時にホテルを出発し、
宇品港の近くの港から漁船のような船に乗せてもらい、
説明をしてもらいながら広島湾、江田島湾を巡り、宮島に行きました。
天気は良かったのですが、船の上は風が強くてゴアテックスの合羽上下と登山靴で挑んだにもかかわらずすごく寒くてみんな顔が真っ赤でした。


宮島を少し観光して帰りました。


とっても楽しい2日間でしたが、帰りの電車の中で爆睡したうえ、家に帰って夕飯を食べようと思いながら・・・思っただけで食べずに眠ってしまいました。


心のリフレッシュ完了です。
次は今週末(土曜日13:30〜寺西公民館)の講演の準備頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナウシカとラピュタが伝えること

今日テレビを付けたら、「風の谷のナウシカ」がやっていました。

「風の谷のナウシカ」をはじめ、「天空の城ラピュタ」、「となりのトトロ」などのジブリ作品は、
金曜ロードショーになるとお父さんがビデオに撮ってくれて、
テープが擦り切れるほど何度も見ました。


小学生のときのことだけど、未だに暗記するほど覚えています…のわりにさっき感動して泣いてしまいました。


今日見て「風の谷のナウシカ」を見て、小さいとき見たときには分からなかった作者の意図が少し見えた気がします。

「風の谷のナウシカ」と「天空の城ラピュタ」の2作品は特に大好きでよく見ていたものですが、
この2作品共に
「(科学技術の進歩はもちろん大事だけど)人は自然環境を司る一因で、生態系を無視して生きることは出来ない」
というようなことを伝えてる気がする。

私が今考えてることはとてもそれに近いと思う…ということは、宮崎駿さんたちのinprint(刷り込み)は成功してると言えるのかもしれないな。
アニメという手法を使って効果的に自分たちの想いを伝えていて凄いと改めて思いました。


それと、ナウシカってフィールド研究者だったんだと初めて気付ました。
信念を持ってみんなの病気を治すために、
腐界のなぞをあらゆる手法を使って探る総合科学をしていました。
しかも国民みんなのことを一番に考えていて、そのために自分の命さえも惜しまず差し出す…国民みんなに愛される姫様。
リーダーとはこういうものかと勉強になりました。


童心に帰れた上、感動の涙を流せて、さらに勉強できた夜でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

力を抜く方法

力を抜く方法
今日は(も?)一人で晩酌してます。
今日のお酒は「賀茂輝」のにごり酒です。


お酒を飲むともう肩肘張らなくていいんだって思って楽になれる気がします(^-^)


力を抜いてくつろぐ時間は大切です。

お酒のお供はお正月に作ろうと思って作れなかった「ごまめ」です(それともやしの炒め物)。
やっと料理する気が湧いてきました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

New goods

*この記事は未婚男性にはちょっと刺激的&理解しにくいかもしれません。読まれる方は理解の上でお願いします。


最近、あるものを手に入れました。

友達に教えて貰って、すぐに欲しいと思って…日本では店舗で販売されていなさそうなので、
カナダからプチ輸入です。

それは、
妊娠中と初潮前と閉経後の女性以外は毎月使う生理用品です。


生理用ナプキンは、通常紙おむつのような石油を原料にしたものが流通しています。
最近、布製のものもいくつがのお店で買えるようになりました。
私も3年くらい使っていて、
肌触りがいいこととゴミが出なくなったこと、ナプキンを買いにいかなくて良くなったこと、体の調子が分かり易いことなどが気に入っています。

でも、多い日が心配だったり、かさばったり…ちょっと気になることもあります。


タンポンはゴミがでるのが気になる以外は良いけどなかなか売ってないし割高…というのが私の評価。

しかし、それら全てを(多分)クリアーする生理用品があったのです。

シリコンまたは天然ゴムで出来たカップに経血貯め、貯まったら捨てて、
洗ってまた使う…
ので半永久的に使えます。

私がネットで見つけた限り現在私が買えそうなのは以下の3つです。
「The keeper」(天然ゴム)
「moon cup」(シリコン)
「Diva cup」(シリコン)

私は一番下の「Diva cup」(写真)を購入しました。(3000〜5000円くらい。買うサイトにより異なる)
New goods
New goods
New goods

今月から使う予定です。
今まで憂鬱だった日がちょっと楽しみだったりする自分にびっくり!


以上、私の人生の中で初めて目にしたgoodsの紹介でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗濯槽のカビ

昨日、初めて洗濯槽クリーナーなるものを使って、
洗濯槽の掃除をしてみました。
どうも洗濯物がカビ臭いのが気になっていたからです。


お風呂上がりに、
空っぽの洗濯機に洗濯槽クリーナー(約300円)を一袋まるまる投入し、
お風呂の残り湯を洗濯槽に満たし、
少しおいてから(置かなくてもいいらしいけど、より効果をあげるため)、
普通のコースで洗濯機を回すと…

悲鳴を上げそうになるほどたくさんの湯垢のような黒い物体がたくさん出てきました。
そして糸くずを回収するネットにたくさんたまりました。

なかなかに恐ろしい光景でした。
広島に来て8年間ずっと使ってるから、仕方ないかな。
もっと早くやれば良かった。
皆さんも部屋がいくら散らかっても病気にはならないけど、
衛生的に汚れているのは危険なのでお気を付け下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

着物でお出かけin 尾道

先週は金曜日に着物でシンポジウムに参加させてもらいましたが、
日曜日も着物を着てお出かけしました。


場所は、
私の大好きなお出かけスポット尾道です。

午前中は土曜日に引き続きよく寝てから、
シャワーを浴びて、
溜まりまくった洗濯物をしました。
今数えたら6日分溜まっていました…女の子とは思えない(^_^;)


そして午後からは2週間前にお父さんが持ってきてくれた着物の中でかなり気になっていたすみれ色の着物を着てお出かけしました。
最近着物と帯と帯揚げなどの合わせが楽しいです。
今回はすみれ色の着物に、
白と青の帯に赤い帯揚げと赤い足袋を合わせて、ピンクとグレーの帯締めをしました。

寒いのでさらに上から白のニットショールを着て、
手袋もはめていました。
S_img_4454

そんな格好で、
尾道商店街の中のお気に入りのお店でランチを食べて、
またまたお気に入りの刃物屋さんで買い物したり、
豆菓子や千光寺の桜の間伐材で出来た葉書を買ったりとのんびり時間を過ごしました。

さらに、
尾道が見下ろせる大好きなカフェでシナモンスティックの浮かんだホットワインを飲んで、
とってもいい気分に(*^_^*)


それだけでも楽しいのに、
着物を着ていたお陰で、
褒められたり、サービスしてもらったりたくさんいいことがありました。


まずはランチを食べたお店で、
頼んだきのこたっぷり雑炊セットのゴマムース意外にも
おいしい抹茶のシャーベットをサービスしてもらいました。
「着物のお客さんにはサービスです」といって、毎回おいしいシャーベットをサービスしてくれます。


刃物屋さんでは「着物を着ているから」と、
刀の鍔や持ち手部分の飾りを見せて下さったり、
ラクダの骨やマンモスの歯を柄の部分に使った包丁を見せて貰いました。
私はそこの包丁を愛用しているので、使い心地の報告もしました。
着物でお出かけin 尾道


豆菓子を買ったお店では、
「最近着物着てくる人はいるけど、こんなにうまく着こなしている人初めて見た。いいものを見ました。」
とこちらが恥ずかしくなるほどベタ褒めして下さいました。
着物でお出かけin<br />
 尾道


他のお店でも、
「あら、よく似合うわね〜」などと、
会話のきっかけになり、
とても楽しかったです。


しかも、おばあちゃんの着物だと言うと「おばあちゃん喜んでるよ」と皆さんが言ってくれて、
会ったことのないおばあちゃんにおばあちゃん孝行出来た気がして嬉しく思いました。
私は逆にこんな素敵な着物を残してくれたおばあちゃん(とその着物を私にくれたお母さん)に感謝の気持ちでいっぱいなんだけどな。


少し着物が板についてきたのかもしれません。

「好きこそものの上手なれ」
はこういうことだったのかと、納得しました。
着物着れるようになって良かったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二連チャン

先週の金曜日は長い一日で午前6:30〜翌日の午前4:30まで起きていたのですが、
先週は睡眠不足が続いていたこともあり、
さすがに土曜日はよく眠りました。


でも13:30には広島駅の近くのホテルに行かないといけないということだけ頭のどこかにあったので、
830には目が覚めて…でもしんどいので11時半頃まで布団に入ったままでいました。


午後からは広島駅の近くのホテルで、
昨年合格した技術士一次試験の中四国の合格祝いの歓迎会&講習会が開かれていたので、それに参加しました。


それに参加するためには12時半には家を出ないと間に合わないので、起きたら急いでシャワーを浴びて服を着替えて、
前日は家でし忘れた化粧をして、
カバンに必要なものを詰め込んで家を出ました。


私はてっきり13:30から講習会が始まると思っていたのですが、
電車の中でしっかり説明を読んでいたら13:30受付開始で、講習会は14:00からだと分かり、
しかもホテルの場所も駅からすぐ近くだと判明したので(最近は携帯でGoogleが使えるので頼りっぱなしです)、
気分的にゆっくり出来ました。

しかも広島駅についてから時間があることが判明したので、
既に催促の電話が2カ所から掛かってきた2/27の講演の題目と自分のプロフィールを印刷した紙をFAXすることが出来ました。


しかも前日に名刺が切れてしまったので、家をでる前に印刷しておいた紙を講習会場でチョキチョキとしました。
しかもおにぎり食べながら。
その風景を多くの方が目撃されたらしく、
後でかなり突っ込まれました。

あぁ、なんてバタバタしてるんだろう私ったら。
だからお母さんに「酉年生まれはバタバタ貧乏」なんて言われちゃうんだろうな。


そんなバタバタで参加した講習会ですが、
私が知りたかったどんな人が技術士をとっていて、
社会的にどんな意味があるものなのか、
そして私はいつ二次試験を受けられるのか等の情報はしっかりgetできました。

さらに歓迎&懇親会にも3次会まで参加し、
今までお会いすることがなかった企業の企業の技術者な方々と知り合うことが出来、
また色んなお話を聞くことが出来ました。


全体の参加者は多分50〜70名くらいでしたが、
女性は基調講演をされた方を含めて3名だったので、
女性だけ集まって自己紹介の時間もとって頂き、
女性のネットワーク作りも出来ました。

やはり、
コンサルの方が建設部門を取られることが多いらしく、
私以外の女性お二人も建設部門でした。
(ちなみに私は環境部門です)


ということで金・土曜日は、二連チャンで良い一日でした。

しかも、初の流川(広島一の飲み屋街)のスタンド(広島では15席程度のママさんとかがいる飲み屋さんをこう呼ぶらしい)二連チャンまで経験しました。


帰りは珍しく西条止まりじゃない電車で西条駅で下車出来ました。
一緒に飲んでいた西条住まいの方が起こしてくれたお陰ですが(^_^;)
これもこの日の良かったことの一つかもしれません。

お世話になった皆さま、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

着物でシンポジスト

先週の金曜日、私は21時間くらい起きていたらしいです。

朝6時30くらいに起きて、帰宅したのが日付変わって本日午前4時くらい。
すごーく楽しい一日でした。


どんな一日だったかというと、
仕事はお休みして、
福山の北の方にある駅家西小学生で開催されたシンポジウムに参加させて頂いていました。
---------
「駅西型持続発展教育公開研究会
Education for Sustainable Developement」
研究主題:自立と共生をめざし、確かな学力を身につける子どもの育成

日時:2010年2月5日
場所:福山市立駅家西小学校
内容:

13:30〜受付
13:50〜14:35 公開授業(5校時)
14:45〜15:25  開会式・ 児童発表
15:25〜15:35  講評
15:35〜16:35  シンポジウム

テーマ「持続発展教育が拓く新しい社会―小学校教育への期待―」

シンポジスト:
・広島県立大学 准教授     藤井浩樹氏
・環境省認定環境カウンセラー 小倉亜紗美氏
・エルピーダメモリー       山下 祐己氏
・福山市教育委員会       岡崎 孝史氏
・福山市立駅家西小学校    村上 克之氏

主催:福山市立駅家西小学校
後援:広島県教育委員会、福山市教育委員会
---------------------------------------


朝起きて、紅葉の模様の着物と帯を着ました。

そして7:40に西条駅発の電車にのって、
福塩線の近田駅まで行きました。
通勤時間帯の電車に着物で乗ったのは初めてでかなり皆さんの視線が集まっていましたが、
途中で先週バドミントンの試合に同じチームで出た方が同じ車両に乗ってこられて、
先週はほとんどお話する時間がなかったので、
普段どんなことをしているのかなど色んなお話をして楽しく時間を過ごせました。


シンポジウムが開催された駅家西小学校は、福塩線の近田駅が最寄り駅なので、
初めて福塩線に乗り、
久しぶりに無人駅に降り立ちました。
ICOCAが使えなくてびっくり(ICOCAで駅に入ったので)。


近田駅からは小学校の先生が車で迎えに来てくださって小学校に移動し、
校長室でとっても熱心な校長先生から小学校の取り組みなどの説明をして頂きました。
午前中は県立広島大学の藤井先生が出前講座をされていたので見学させて頂きました。
他の方の講座を見学させて頂く機会はなかなかないので、とっても勉強になりました。


お昼はお昼ご飯を頂きながら午後からのシンポジウムの打ち合わせをしました。
エルピーダメモリーの山下さんにお会いするのは二度目でしたが、
さすが世界の中で戦う大企業の方です、話が分かり易く環境と経済についての考えについても聞かせて頂き、
またまたとても勉強になりました。


広島県や福山市の教育委員会の方、小学校の先生のお話も聞けて、
教育現場でどういう課題があり、それに対してどういう対策を行っているかなども教えて頂きました。


午後は、まず公開授業で小学1、4、5年生の授業風景を見せて頂きました。
これまでの授業で調べたことわ発表する時間で、
1年生は昔の冬の遊びを地域の方から教えて頂いたそうで、お手玉を一生懸命しながら、その「こつ」を見つけてみんなに紹介している子どもたちの笑顔が印象的でした。

4年生は「人を支えるとは」というとっても難しいテーマで、
ヘレン・ケラーを支えたアン・サリバン先生に焦点をあて、
助けるだけでなく、自立出来るようにすることが本当の支えるということだという先生の最後のまとめに、
感動して涙がこぼれそうになりました。


そして5年生は「食を通して世界を知る」ということで、
気候によって食べて入るものやその食べ方が違うということを勉強していて、
さすがだなぁと関心していました。


公開授業の後は、体育館に移動して小学校5年生のリコーダーのバックミュージック付きの発表を見せてもらいました。
地球温暖化防止のためにバスをもっと使うための提案をバス会社にしたそうで、
学びを生活・社会と結びつけていて素晴らしいと思いました。


そんな素晴らしい発表の後のシンポジウムで、私もお話させて頂きました。
テーマは「持続発展教育が拓く新しい社会―小学校教育への期待―」で、
何をお話しようか考えた結果、私は「学ぶとはどういうことか?」という私なりの考えをお話させて頂きました。
結論は
「人生を豊かにするため」
で、それは人は人の役に立てることで幸せだとを感じると思うので、
そのための力を身につけることが学ぶことという意味も含んでいます。


司会をしておられた駅家西小学生の村上先生に、
「本当に勉強が好きなんですね」と言われたんですが、
そういう意味では欲張りな私は「勉強好き」かもしれません。


着物を着ていったのも、
日本文化に愛着を持ち楽しんで学びたいからでした。
ちょっと季節外れだけど、
広島っぽく紅葉柄の着物に紅葉の帯を合わせて、
さらに自分の生活に取り入れて楽しんじゃってますという意味を込めてニットのショールを着たままお話しました。
(残念ながら写真を撮れませんでしたので、着物の写真のみアップしておきます)
着物でシンポジスト

他のシンポジストの方のお話もとっても勉強になりました。

その中で私のツボにはまったのが福山市の教育委員会の岡崎さんが紹介された環境のキャラクター「クワイくん」。
HPに載っているらしいのですが、
クワイの芽の部分で情報をキャッチする、鋭い目をしたゆるキャラです。
そんな色んなことが学べたシンポジウムでした。


その後は福山駅の近くの素敵なお店で懇親会に参加させて頂いて、
小学の先生方とさらにゆっくりお話をしました。


そして駅前でもう一軒はしごして、終電(新幹線)で広島まで帰り、
さらに流川でオカマのママがいるお店でのんで…家に帰り着いたのは午前4:30頃?

2日分くらい楽しんだ濃厚な一日でした。
あ〜楽しかった(*^_^*)
こんな素敵な時間を与えて下さった皆さん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

数日ぶりに料理しました。

ここ数日はご飯食べる気も作る気もあまり湧かなかったのですが、
昨日はちゃんと夕飯作りました。

数日ぶりに料理しました。


お父さんのお土産のイカの一夜干しを使った、
ほうれん草とイカとチーズの卵炒め。

野菜たっぷりの大豆と麦入りミネストローネ

先日教えて貰った信州の郷土料理。
薄揚げを開いて味噌を塗ってネギを詰めて焼いたもの。
簡単なのにご飯にもお酒にも合う…ということで、日本酒少々をお供に。


だんだん元気が出てきた気がする。
食は食いしん坊の私の元気のバロメーターなので、
料理を作らなくなった時点で重症だということにも気付きました。
そして、視野が狭くなったとき、苦しくなるということにも。


自分がやるべきことをちゃんとやっていれば、
神様と色んな方がみていてくれる。
だから自分を信じてまた前に進もう(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »