« 数日ぶりに料理しました。 | トップページ | 二連チャン »

着物でシンポジスト

先週の金曜日、私は21時間くらい起きていたらしいです。

朝6時30くらいに起きて、帰宅したのが日付変わって本日午前4時くらい。
すごーく楽しい一日でした。


どんな一日だったかというと、
仕事はお休みして、
福山の北の方にある駅家西小学生で開催されたシンポジウムに参加させて頂いていました。
---------
「駅西型持続発展教育公開研究会
Education for Sustainable Developement」
研究主題:自立と共生をめざし、確かな学力を身につける子どもの育成

日時:2010年2月5日
場所:福山市立駅家西小学校
内容:

13:30〜受付
13:50〜14:35 公開授業(5校時)
14:45〜15:25  開会式・ 児童発表
15:25〜15:35  講評
15:35〜16:35  シンポジウム

テーマ「持続発展教育が拓く新しい社会―小学校教育への期待―」

シンポジスト:
・広島県立大学 准教授     藤井浩樹氏
・環境省認定環境カウンセラー 小倉亜紗美氏
・エルピーダメモリー       山下 祐己氏
・福山市教育委員会       岡崎 孝史氏
・福山市立駅家西小学校    村上 克之氏

主催:福山市立駅家西小学校
後援:広島県教育委員会、福山市教育委員会
---------------------------------------


朝起きて、紅葉の模様の着物と帯を着ました。

そして7:40に西条駅発の電車にのって、
福塩線の近田駅まで行きました。
通勤時間帯の電車に着物で乗ったのは初めてでかなり皆さんの視線が集まっていましたが、
途中で先週バドミントンの試合に同じチームで出た方が同じ車両に乗ってこられて、
先週はほとんどお話する時間がなかったので、
普段どんなことをしているのかなど色んなお話をして楽しく時間を過ごせました。


シンポジウムが開催された駅家西小学校は、福塩線の近田駅が最寄り駅なので、
初めて福塩線に乗り、
久しぶりに無人駅に降り立ちました。
ICOCAが使えなくてびっくり(ICOCAで駅に入ったので)。


近田駅からは小学校の先生が車で迎えに来てくださって小学校に移動し、
校長室でとっても熱心な校長先生から小学校の取り組みなどの説明をして頂きました。
午前中は県立広島大学の藤井先生が出前講座をされていたので見学させて頂きました。
他の方の講座を見学させて頂く機会はなかなかないので、とっても勉強になりました。


お昼はお昼ご飯を頂きながら午後からのシンポジウムの打ち合わせをしました。
エルピーダメモリーの山下さんにお会いするのは二度目でしたが、
さすが世界の中で戦う大企業の方です、話が分かり易く環境と経済についての考えについても聞かせて頂き、
またまたとても勉強になりました。


広島県や福山市の教育委員会の方、小学校の先生のお話も聞けて、
教育現場でどういう課題があり、それに対してどういう対策を行っているかなども教えて頂きました。


午後は、まず公開授業で小学1、4、5年生の授業風景を見せて頂きました。
これまでの授業で調べたことわ発表する時間で、
1年生は昔の冬の遊びを地域の方から教えて頂いたそうで、お手玉を一生懸命しながら、その「こつ」を見つけてみんなに紹介している子どもたちの笑顔が印象的でした。

4年生は「人を支えるとは」というとっても難しいテーマで、
ヘレン・ケラーを支えたアン・サリバン先生に焦点をあて、
助けるだけでなく、自立出来るようにすることが本当の支えるということだという先生の最後のまとめに、
感動して涙がこぼれそうになりました。


そして5年生は「食を通して世界を知る」ということで、
気候によって食べて入るものやその食べ方が違うということを勉強していて、
さすがだなぁと関心していました。


公開授業の後は、体育館に移動して小学校5年生のリコーダーのバックミュージック付きの発表を見せてもらいました。
地球温暖化防止のためにバスをもっと使うための提案をバス会社にしたそうで、
学びを生活・社会と結びつけていて素晴らしいと思いました。


そんな素晴らしい発表の後のシンポジウムで、私もお話させて頂きました。
テーマは「持続発展教育が拓く新しい社会―小学校教育への期待―」で、
何をお話しようか考えた結果、私は「学ぶとはどういうことか?」という私なりの考えをお話させて頂きました。
結論は
「人生を豊かにするため」
で、それは人は人の役に立てることで幸せだとを感じると思うので、
そのための力を身につけることが学ぶことという意味も含んでいます。


司会をしておられた駅家西小学生の村上先生に、
「本当に勉強が好きなんですね」と言われたんですが、
そういう意味では欲張りな私は「勉強好き」かもしれません。


着物を着ていったのも、
日本文化に愛着を持ち楽しんで学びたいからでした。
ちょっと季節外れだけど、
広島っぽく紅葉柄の着物に紅葉の帯を合わせて、
さらに自分の生活に取り入れて楽しんじゃってますという意味を込めてニットのショールを着たままお話しました。
(残念ながら写真を撮れませんでしたので、着物の写真のみアップしておきます)
着物でシンポジスト

他のシンポジストの方のお話もとっても勉強になりました。

その中で私のツボにはまったのが福山市の教育委員会の岡崎さんが紹介された環境のキャラクター「クワイくん」。
HPに載っているらしいのですが、
クワイの芽の部分で情報をキャッチする、鋭い目をしたゆるキャラです。
そんな色んなことが学べたシンポジウムでした。


その後は福山駅の近くの素敵なお店で懇親会に参加させて頂いて、
小学の先生方とさらにゆっくりお話をしました。


そして駅前でもう一軒はしごして、終電(新幹線)で広島まで帰り、
さらに流川でオカマのママがいるお店でのんで…家に帰り着いたのは午前4:30頃?

2日分くらい楽しんだ濃厚な一日でした。
あ〜楽しかった(*^_^*)
こんな素敵な時間を与えて下さった皆さん、ありがとうございました。

|

« 数日ぶりに料理しました。 | トップページ | 二連チャン »

講演など」カテゴリの記事

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 着物でシンポジスト:

« 数日ぶりに料理しました。 | トップページ | 二連チャン »