« 新しいジャケット | トップページ | 投入堂と被爆ピアノのコンサートと名刺入れ »

「白拍子体験とオリエンタル音楽のコンサート」

S_201012_105
今日は、今の職場でやりなさいと言われている仕事の一つである、留学生と日本人の交流イベントを開催しました。

第1回目の今日は…「白拍子体験とオリエンタル音楽のコンサート」。

白拍子と聞いてピンと来るのは音楽専攻の学生さんくらいかもしれない。
すでに滅びてしまった、平安時代末期に行われていた女性による歌舞(うたまい)及びそれを舞う人物のことを指すらしい。

遊女の舞じゃないかと思われた方は、よくご存知で…
女性の勢力を奪うためにだんだん政治の世界から追い出されてゆき、
旅芸人になったり、遊女となっていったそうです。

ジブリ映画にも登場していて、
「もののけ姫」の「エボシ(烏帽子;黒い背高のっぽの帽子)御前」 はその地域を治める権力を持った女性で、
服装や髪型、人物設定がまさに白拍子なのだそう。

今日の講師の桜井真紀子さんは、
もののけ姫を見てこれだと思い、白拍子の復元をされている作曲家、作詞家、パフォーマーであり、天台声明の歌手でもある。
雅楽もやっていたし、オリエンタル音楽もやっていて、合気道を教えていたりもする…とにかく素敵な方です。

まさか白拍子と中東(オリエンタル)音楽を同じ人が教えると思えず、学生さんはびっくりされたようです。

S_201012_114


参加してくれた学生は少なかったけれど(広報が良くなかったらしい…)、
平安時代の服飾を研究している学生や、音楽を勉強している学生さんなどが参加してくれて、
感動したと帰ってくれたのが嬉しかったです。

白拍子と今日歌ってもらったオリエンタル音楽の共通点は、
女性が歌ってはいけないと虐げられている中で、それでもそれにめげずに歌っていたこと。


だからどちらも歌声は地声です。
そんな歌の楽譜の読み方、踊り方、歌の意味などとても勉強になりました。

このイベントの目的は…
留学生に日本の文化と歴史を伝えたかったし、このイベントを通して日本人の友達を増やして欲しかったから。

そして、
国際交流をする際に、日本の文化を知っているときっと役に立つと思うので、日本人学生に文化・歴史を知ってもらいたかったし、留学生と日本でも国際交流が出来るし、実際に仲良くなってもらいたかったから。
うまくいくか不安だったけど、感動してくれた学生さんがいて良かった(^-^)

さて、明日の準備は明日の朝にしようかな。

|

« 新しいジャケット | トップページ | 投入堂と被爆ピアノのコンサートと名刺入れ »

うれしかったこと」カテゴリの記事

コメント

仕事場の水が合って頑張っているようですね。天台声明の事を書かれていましたが、その流れをくむのが真宗声明です。声明は仏前で儀式、法要、お勤めの時に唱えるもので、CD等々があります。一度聴いて頂ければ幸いです(中々良いものですよ)

投稿: 弁慶 | 2010年12月19日 (日) 10時45分

弁慶さま

へ〜ぇ、勉強になりました。
仕事は楽しくて、本当にありがたいです☆

投稿: あさみん | 2011年1月 1日 (土) 02時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「白拍子体験とオリエンタル音楽のコンサート」:

« 新しいジャケット | トップページ | 投入堂と被爆ピアノのコンサートと名刺入れ »