生き物

ベランダの成長っぷりに驚き!!

今日ベランダ見たらこんな感じになっていてびっくり。
20100530131517

茎ブロッコリーはもう収穫できそうな勢い。

20100530131536

可愛いミニキュウリ。

20100530131602

植えた覚えのない青シソ。
でも活用度が高いから嬉しい。

20100530131613


最近食事がおいしくて、体重が3kgくらい増えた模様。
でも3カ月前はげっそりやつれていたから元気になって良かったことにしよう。
だけど、そろそろダイエットしよっかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カボチャってすごい。

今朝、生ゴミをミミズくんたちに食べてもらおうと思ったら、
なぜかちゃんと蓋をしたはずのミミズくんたちのお家の屋根(発泡スチロールの蓋)が浮いていました。

変だなぁと思って蓋をあけると、
なんとそこにはたくさんの大きな双葉たちがニョキニョキと生えていたのです。
カボチャってすごい。
この双葉はすごーく見覚えがあります。
プランターにも生えてきていたカボチャの双葉です。
しっかり蓋をしていたのに、
それも持ち上げて生えてきていました。


最近暖かくなったからかな。

双葉の生命力ってすごい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嬉しいこととびっくりしたこと

先週の日曜日(5/9)に、
嬉しいことが2つありました。

嬉しいこととびっくりしたこと

一つはメダカが卵から孵ったこと。
1ヶ月くらい前にもらった子持ちメダカの卵が孵るのを待っていたら、卵の中に目玉が見えるようになって…遂に日曜日に孵ったのです。
まだ全員は孵ってないけど、かわいい。
体調1mmくらいのメダカが泳ぎ回ってます。

もちろん親メダカも元気に餌をパクパク食べています。


そして、もう一つ。
ベランダに蒔いておいた、スイートバジル、コマツナなどの芽が出てきました。
嬉しいこととびっくりしたこと
二葉は文句なしに可愛くて、大好きです。
だから今のプランターはワクワクする楽しい風景。


でも活用度から考えるとイタリアンパセリと大葉を育てるべきかもしれない。
こんなことを考える私は食いしん坊だな。
食べれるものしか植えてないし。
ベランダの楽しみ方は人それぞれだからまぁ、いっか(笑)

*写真はどちらも今朝出社前に撮った写真です。


と、こんな清々しい気分だったのに、
月曜日の朝起きると、
やたらトイレに行きたくて、
お弁当作ったけど、
出勤は諦めて病院に行ったら、
膀胱炎になっていました。
びっくり。

抵抗力が落ちてるときになるから、仕方ないけど、
4月末からこれでもかって程、
病院に通いました。


これで後1年は病院に行かなくてすみますように☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒瀬川で自然観察

今日(5/2)は、黒瀬川(広島県東広島市)で自然観察をしました。

生物多様性を主題に新聞の取材をしたいというお話だったのですが、
まずは自然に親しむことが重要だと考えて、
なおかつ親子向けの記事ということだったので、
学生時代の指導教官の息子さんで小学校6年生の私のお茶の先生に一緒に散策をしてもらうようお願いしました。
(つまり、先生も来て下さいました)


ちなみに今朝は栄養を付けようとサンドウィッチを作って食べました。
それに挟む卵焼きを焼こうと卵を割ったらまた双子で、朝からいいことがある予感☆

20100502072359


20100502073400


朝食を食べて、今日の予習をして送らなきゃいけないと思っていたメールを送ったりして、
それからお出掛けしました。

蓮華寺橋から11;00前に歩き始めて、歩きながら色んな植物を見つけたり、
前から知っている植物の写真を撮ったり・・・とっても楽しい時間を過ごしました。

今日初めて知った植物が、「アカネ」です。
S_img_4870
写真のように、根っこが赤いのでアカネ・・・昔染色に使っていたそうです。


残りは知っていたけど、改めて面白い&きれいだなぁと思った植物たち。

S_img_4873
これは、レンゲ畑。文句なしにきれいです。


S_img_4877
葉をかじるとすっぱい「スイバ」。

S_img_4878
アブラナ科の植物にむらがるモンシロチョウ。可愛い。

S_img_4883
私の好きなマツバウンラン。外来種だけど可愛い。

S_img_4894
ホトケノザ(シソ科)とヒメオドリコソウ(シソ科)。

S_img_4898
春の七草の「ホトケノザ」はなぜかヒメオドリコソウ(写真)のことを指す。→間違いでした、黄色い花をつける「コオニタビラコ(キク科)」のことを指します。

S_img_4909
おなじみ「カラスノエンドウ」と「スズメノエンドウ」その中間の「カスマグサ」。
サヤが小さいだけでなぜだか可愛い。


S_img_4924
初めて見た良く分からないけど可愛いお花。調べなければ。


S_img_4926
茎を匂うとキュウリの香りがする「キュウリグザ」。可愛いのにお腹がすく香り。

S_img_4930
たくさんのミントも。爽やかな香りでスッキリ。


S_img_4935
昼間なのに夜行性のナマズが顔を出してくれました。

S_img_4936
ナマズだけでなく鳥の餌もたくさんいるのでしょう・・・鳥の足跡。

写真は撮れなかったけど、他にも、
・コウモリ
・ヌートリア
・ミシシッピアカミミガメ
も確認しました。

記者の方はなんとカワセミをカメラに納めていました。さすがプロ。
ということで夢中になっていたらみんなご飯も食べずに15:00くらいまで散策していました。
いっぱい歩いて、いっぱい汗をかいて風邪も吹っ飛んじゃいそうです。

その後、先生たちとは別れて、
私と同じ学部出身という記者さんと一緒にランチを食べて(ご馳走になっちゃいました)、
さらに家で生ゴミ堆肥を見てもらったり、Diva Cupの話をしたり、
本題の生物多様性の話をしたりしました。


いろんなお話が出来てとても面白かったです。
記者の方は、いろんな方を取材されているので、いろんな方を知っておられるので、
やっぱり教えて頂けることがたくさんあります。


双子卵の予感通り、楽しい一日になりました。


今日お伝えした最重要Pointでもありますが、
生物多様性とか自然観察とか言葉は堅苦しいかもしれないけど、
気負わずに身近な自然に親しむことから自然を五感で理解してもらえたらいいなぁと思います。


まずは道路のタンポポでもいいので、風景から一歩進んで花を認識するところから始めてもらえると嬉しいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ベランダの生き物達

先週日曜日(4/25)は、
11時から学生時代の指導教官の息子さんのピアノの発表会へ。

みんな緊張しながら、一生懸命弾いていて、素敵だなぁと思いました。
私も何か楽器が出来るようになりたいな。

さらにもう一つ収穫が!!
私の通っていた打出浜小学校ではラジオ体操ではなく「打出浜体操」というオリジナル体操があって、
その音楽を弾いている子がいたのです。
初めて知りました、♪タンタタタン~ のあの音楽は「渚のアデリーヌ」という曲らしい。
いい曲を毎回聞けていい小学校だったと改めて思いました。
今もみんな体操しているのかな?


そしてピアノの発表会の後は、
先生一家とともに食事にいきました。
去年に引き続きおいしいお食事を御馳走してもらいました。


その後、先生一家とは分かれて、
近所の植木屋さんで野菜の苗を購入し、
ベランダの手入れをしました。


S_img_4857

植えたのは、
・ゴーヤ
・キュウリ
・スティックセニョール(茎を食べるブロッコリー)
・家にあった種(イタリアンパセリ、小松菜、スウィートバジルなど)を適当に・・・
です。

ついでに、
私の生ごみを堆肥にしてくれているミミズくんたちのおうちを手入れしました。

S_img_4856

すると、
ミミズの卵(卵包:ランポウ)とミミズの赤ちゃんを発見!!


S_img_4854

かわいい。
しかも、鮮やかなオレンジのトビムシの仲間も発見しました。

S_img_4852

またまた、かわいい。
これだけでもうテンションめっちゃUPです。

ベランダ菜園は楽しいし、癒されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きれいなものに包まれて

昨日目が覚めると、西条は雪化粧をしていました。

寒いけど、
寒いならその代わり銀世界をプレゼントしてください、神様♪っていつも思う。

誰も踏んでない雪に足跡つけたり、朝焼けでキラキラ光る景色を見るのが好き。
文句なしに美しくて、寒さも嫌なことも吹っ飛んじゃう。

美しいものに囲まれるってだから大事なんだって思う。


昨日はそんなちょっぴり吹雪の中、1/9にする予定のイベントの下見をしていました。

広島大学で鳥の観察や博物館見学などをして、酒蔵通りを見学する、県内の環境カウンセラー向けのイベントです。

野鳥の本も出されている広島大学の理学部のおじいちゃんくらい歳が離れているSさんが中心になり、
東広島市在住の環境カウンセラーで企画をしています。
実は昨日の下見中にSさんと広島大学総合博物館で事務担当をされているとってもセンスのいいHさんと私はH12年度入学の同期生だということが判明し、盛り上がってしまいました。

若い人の力をどんどん発揮して、素敵な世の中にしていきたいです。
もちろんSさんのように人生経験豊かな同期生のお力もお借りして。


ということで昨日は早速、Sさんに野鳥観察の指南をしていただきました。
ぶどう池という広島大学の中央にある池でヒドリガモやガンなどが餌をついばんだりしている姿を観察しました。
フィールドスコープという野鳥観察用の単眼の高倍率の望遠鏡で野鳥を観察すると、羽が水をはじく様子まで見えて、寒さもぶっ飛ぶくらい大興奮(*^_^*)
S_img_4345


S_img_4350


しかも、理学部前には「ニュートンのリンゴ」と「メンデルのブドウ」があると教えて頂いて、
何のことだろうと見てみると、
なんと、それぞれニュートンとメンデルが研究に使った(ニュートンの万有引力とメンデルの遺伝の法則を発見した)ときに使ったリンゴとブドウの原木の株分けしたものが植えてあったのです。
これまた大興奮(*^_^*)
広島大学で7年も暮らしていたのに、知りませんでした。
S_img_4330


S_img_4331


そんなこんなで、
美しい景色と鳥と、歴史的発見を身近に感じられた1日でした。


今日は今から、着物を着てお寺で「地球温暖化とエネルギー」の講演です。
楽しんできます☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ミミズコンポスト

ミミズコンポスト
ここ数ヶ月、私の家からは生ゴミがほとんど出ていません。

それは外食ばかりしているから…ではなく、ミミズが食べてくれているからです。

写真の手前側にある発泡スチロールがそのミミズくん達のおうちです。

達とつけたのは、ミミズがたくさんいるということもありますが、ミミズ以外にも、トビムシ、ダニなど(いずれも人には無害で、土の状況を調べる際の指標になったりする)目でなんとか確認出来る程度の生き物達がいるからです。

でも、土曜日にそれ以外の生き物を見つけてしまいました。
2cmくらいの白い芋虫みたいなものがモニュモニュ動いていて、悲鳴をあげそうになりました。
なので写真を載せるのは自粛しておきます。

ネットで調べたところ、アメリカミズアブという外来生物の幼虫でした。
人を刺したりはしないけど、トイレ臭いし、見た目が気持ち悪い。
でも生ゴミはミミズよりよく食べるらしい。
しかもしぶといらしく(乾燥に強い)、人間からみたゴキブリみたいな存在だと思いました。

仕方ないのでつまみ出すという古典的な方法で、ミミズ箱からの撤去を試みました。

その際、砕かずに重ねて入れた卵の殻の内側、ミミズ箱の底の部分にいることが多いことに気づきました。
表面にもいました。
表面にはきっと生ゴミが多いから、底は空気が少ないから水が腐りやすいからかな(腐ったものが好きらしい)。

撤去にはかなりの時間をかけてしまいましたが、ミミズ達のおうちはいい感じに戻りました。

これから寒くなるとミミズ達の活性が落ちて食べてくれる量が減るかもしれないけど、生ゴミをゴミ箱にいれてゴミの日まで待つという苦痛から解放されて、嬉しいです。

ダーウィンはミミズと土について研究をし、土の生成にミミズが重要な役割を果たしていることを明らかにしています。

ダーウィンの時代から変わらず、私たちはミミズのおかげで生きていられるのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葛の花

3週間前からバドミントンをしに近くの小学校に通っています。

久しぶりのバドミントンなのですが、思ったよりは体が動いてくれて、とっても楽しんで出来ています。

自宅から小学校まではバイクで8分くらいの距離です。
初めて行った時は、バイクで行ったのですが、自転車で颯爽と帰っていくバドミントン仲間を見て、次は自転車にしようと思い、自転車で行きました。
すると、10分程度で着くし体はすでに温まっているし、バドミントンの調子はバッチリでした。
(調子良すぎて疲れて翌日寝坊してしまったのですが)

そこから自転車熱が高くなり、昨日も自転車でバドミントンに行こうと思ったら途中でチェーンが外れてしまい、仕方なくバイクで行ったのですが、帰ってすぐにチェーンの直せました。
(本当に乗り物運がないんです)

そこで今日は自転車で25分くらいかけて大学まで行きました。
(先日また出身研究室の先生の奥さんにメダカをもらったのでその時のケースを返しに行ったのです。)
意外にしんどくなくて気持ち良かったです。

しかも、帰りに葛(くず)の花を見つけました。

葛の花

葛の花

葛湯の葛です。
葛湯に使うのは根っこの部分の澱粉(葛粉)ですが、私はまだ掘り起こして葛粉を作ったことがないので、そこまでしか分かりません。

葛は繁殖力が強い植物で海外では、外来種として在来の植物や生態系に影響を与えることが問題になっています。

でもとっても綺麗な花でそれだけで今日小雨の中自転車をこいだかいがあったと思えました。

バイクに乗っていたら見ることが出来なかったと思うと、自転車でちょっとスローに行動したことで得られたものって大きいと思いました。
一昨日行った植物公園の栗はまだあまり落ちてなかったのに、西条のブールバール沿いの栗はもうイガがたくさん落ちていたり…発見がいっぱいでした。

行政改革も、今までよりもゆっくりになったりすることもあるかもしれないけど、そこだけを見るのではなく、それに伴って現れた良い面に光を当てられたらいいなぁと思います。

ちなみに自転車通勤をすると引き締まるそうです☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大どんぐり展

今年の9/19〜23はシルバーウィークです・・・が、
私は色々あって特にどこかにお出かけしたりする予定はありませんでした(正確にはなくなっちゃったんです)。

でも今日は、関東からくる友達に会うことになっています。
でも、他にもどこかおでかけしたい!!と思っていた私は、
先週大学に行った時にポスターを見た広島市植物公園の企画展「大どんぐり展」の存在を思い出しました。
電車とバスで行けるし、しかも20日は展示説明をしてもらえるらしいことも発見し、後輩のF君を誘って行ってきました。

広島市植物公園は、JR五日市駅からバスで約20分で行けます。
入園料は500円で、年間パスポート(広島市植物公園・安佐動物公園・広島市森林公園昆虫館の3館共通)は1500円らしく、年間パスポートに惹かれつつ、今回は500円を払って入りました。

植物園には、植物がたくさんある丘のようなところに、いくつかの建物があります。
大どんぐり展は展示資料館で開催されていました。
この展示資料館の壁は一面のアサガオで覆われていて、圧巻でした。
Img_38042

大どんぐり展は、どんぐりについてのクイズや説明のほか、
いろんなどんぐりの苗が見れたり(どんぐりという植物はなく、クヌギやブナなどの実のことをいいます)、
ドングリの写真、絵、どんぐりの標本の展示・・・そして、どんぐりの巨大模型とゾウムシ(どんぐりの中に卵をうみ、幼虫はどうぐりの実を食べて育つ)の幼虫の気分を味わえる着ぐるみを着れるという、とっても趣向を凝らしたものでした。

Img_37981
Img_38031

この展示には私の出身研究室のN先生も協力をされています。
その展示を見た瞬間に先生らしさに笑ってしまって・・・説明をして下さっていた方に身分がばれてしまいました。
そこで、ちゃんと自己紹介をさせて頂いたところ、なんと私の学生時代のHPを見て下さっていたらしく、
「あのあさみん(本当は実名で言われました)さんですか?」とお話が弾んでしまいました。
びっくり&とっても嬉しかったです。

Img_37961

さらにこの展示には、ゲッチョ先生という私の好きな本の著者であり、
沖縄大学の先生の絵の原画やどんぐりの標本もあり、大満喫しました。
が、まだまだ植物公園にはたくさん魅力的な施設があります。
そこで次にベゴニア温室に行きました。
ベゴニアと一言でいっても、園芸品種として品種改良が進められているため、
花も葉も形、色などがあまりに違っていて驚きました。どれもとってもきれいでした。
Img_38091

次に、大温室・熱帯スイレン温室に行きました。
バナナや、コーヒー、ココアなど身近な熱帯の植物のほか、
ソーセージの木や食虫植物など多くの熱帯の植物が実際に見たり触れたりできて、クイズもとっても楽しくて、
またまた大満喫しました。
温室というのでムワッとしているのかと思っていたら、屋外にいるより涼しくて快適でした。

Img_38371

Img_38211

Img_38381

ここまで大満喫したところで、閉園時間16:30が迫ってきました。
しかし、20日はこの夏最後の夜間開園の日だったので、21:00まで開園していて他の展示も見ることができました。

そこで、展示温室、サボテン温室、バラ園などなどを見た後に、展望塔に登ってから森のカフェで休憩しました。
展望塔からは、安芸の宮島、四国まで見えて、とっても眺めが良かったです。

Img_38561

Img_38651

夜は夜に花が咲く植物や光るキノコを観察できたり、
キャンドルの巨大花迷路があったり、とってもきれいでした。

たくさんのちびっこがキャーキャー言いながら遊んでいる姿を見て、
こういう経験が自然の中で遊ぶ楽しみを体に染み込ませてくれるんだろうなぁと思いました。

Img_38691

Img_38931

その他にも、エリザベト音楽大学の学生さんによるコンサートもあって、丸一日楽しんじゃいました。
これで、私もいいお休みだったと言えそうですhappy02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大量死

先週の土日に、花火大会を見に行きました。
大きな花火大会じゃなかったけど、浴衣を着て、浜辺で観た花火はとっても良かったです(o^_^o)
Img_3759
4年越しの希望が叶ったのです。

そういう想いが自分の中で大きくなってから、
買ったり、観たり、食べたりすると、そのものの価値が実際より大きくなってより楽しめる気がします。

これは時間をかけることで自分でその付加価値を付けることが出来るということかも知れません。

そんな旅行を終えて自宅に帰って、
メダカに餌やりをしようと思ったら1匹を除いて白くなって沈んでいました。
そう、大量死していたのです。

大量死

写真はそんな中生き延びた強者のメダカ君です。

やっぱり部屋が暑かったのが良くなかったのだと思いますが、
かなりショックで悲しいです。

しかも、同時期にこれまた私の同居人であるコクワガタのメスが死んでしまいました。
多分こっちは寿命(だと思いたい)です。
なのでオスだけになってしまいました。
こちらも悲しいですが、実は私には同居人がまた増えました。

彼らはうちからでた生ゴミを1週間程度で全て土にしてくれる優秀な生き物です。
かの有名なダーウィンも彼らの素晴らしさに惹かれ研究をしました。

釣りに行くときは餌となり、電気も使わずに生ゴミを堆肥にしてくれる、優秀な彼らの名はそう「ミミズ」です。

「広島ミミズの会」の会長さんがシマミミズがたくさん住んでいる生ゴミコンポスト用のセットを下さったのです。


私は小さい頃埋め立て地の小学校に通っていたので、あまり周りに生き物がいませんでした。
でも、ミミズとダンゴムシとタニシ(今考えるとウミニナかもしれない…)だけはたくさん捕まえれて、
その中でもミミズは「みーちゃん」と呼んで可愛がっていました。
もちろん家に持ち帰ることは許されず、いつも家に帰る前に返してあげました。
ダンゴムシはこっそり学校の運動場の端っこで箱に入れてたら、ある日全員真っ白になって死んでしまってびっくりしました。
タニシも学校で買ってたらある日臭くなって死んでしまいました。

他にも今までたくさんの生き物の命を奪ってしまいました。
でもそうやって、生き物と触れあうことから学ぶことって他のものでは代えられない大事な経験だと思います。

そんな経験を出来る環境をこれからの世代にも残していきたいし、そうしなければいけないと思います。
次の世代に借金を残すのもいけないけど、それよりも経験を奪うことの方がもっといけないのです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧