着物

「くれ環境市民の会」での講演会

5/27は新しいお仕事をお休みして、呉で、講演させて頂きてきました。
(2月からこの日は講演すると決まっていたのです)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
くれ環境市民の会 環境講演会
「生物多様性とは〜山と川と海のつながり〜」
講師:環境省認定環境カウンセラー 小倉亜紗美
日時:5/27 15:30〜16:30
場所:つばき会館(JR呉駅から歩いて10分くらい?)*入場無料
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

主催者は、「くれ環境市民の会」という、
環境保全を行う市民・事業者・行政のパートナーシップ団体でした。

こんな会初めて知ったのですが、
「くれ環境市民の会」が出来た時期(2003年11月)と私が代表をさせてもらっていた「かっぱのおうち」が出来た時期(2004年6月)はほぼ同時期で、
2004年6月から「くれ環境市民の会」も「かっぱのおうち」も県の事業「健やかな流域づくり構想(黒瀬川モデル)」に参加していたので、
私は「くれ環境市民の会」が出来た当初からお付き合いをしていたらしいのです。


だからなのか、
目的が同じだからなのか「くれ環境市民の会」には、
環境省環境カウンセラー、広島県地球温暖化防止活動推進員など同じ資格を持つ方も多いため研修などでお会いすることも多くて、
お母さんのように可愛がって下さる方がたくさんいらっしゃいます。


そんな気心知れた(?)団体の主催する環境講演会だったので、
準備がギリギリになってしまって焦ってしまいましたが、
楽しい講演にしたいと思って準備をしました。

しかもせっかくだからと紅葉の着物(広島県をイメージして)を着て行きました。
なぜなら今回の講演テーマ「生物多様性」には文化の多様性も含まれており、
着物の絹もそうだけど、模様を見ても生物多様性の恩恵を受けていると分かるから。
そういう説明をしたつもりだけど・・・つもりで出来てなかったらどうしよう。
20100527110525


20100527112741

親友ちーちゃんが作ってくれた帯留めも初デビュー☆


平日の昼間にも関わらず約100人の方が集まって下さいました。
私は分かり易く楽しく、でも聴衆の心を掴んで少しでも行動につながるようなお話をしたいと心がけています。
(出来ているかどうかは、自分では分からないけどchick

いくつか笑いスポットも設けておいたのですが、
初めの方で声を出して笑って下さる方がおられて安心しました。
でも終わりの方で、復習不足で少し詰まってしまって大反省。
ただ、講演の時間は予定時間ぴったりの1時間だったのは良かったのかな。

昔は自分が話すのに精いっぱいで聞いて下さっている方の顔を見ることが出来なかったけど、
今回はかなり聞いておられる方をじっくり見ている自分がいてびっくりしました。
お疲れの方もおられたけど、頷きながら聞いて下さっている方が見えた時は嬉しかったです。


さらに、講演の後は懇親会を開いて下さって、
おいしくお酒を飲みながら本当にゆっくり懇親出来ました。
でも日本酒を飲みすぎて・・・帰りの電車を途中で乗り換えようと思ったのに、
気付いたら終点に着いていて、でもまだ終電が残っていたので何とか帰れて一安心。

呉のお母さんたちは、
控室で着物を直してくれたり、おいしい差し入れを下さったり、
とってもお世話になりました。
ありがとうございました。


翌日は新しい職場の飲み会があり、2日連続で飲んでしまい、
1年ぶりくらいにカラオケにも行って、大騒ぎしてしまいました。


さらに色んなことから解放されたらしく、今日は久しぶりに漫画を読みました。
2月くらいに前の職場でとってもお世話になった方にお借りした本で「とりぱん」という本です。
野鳥が好きな人、自然が好きな人はとっても好きになると思います。
1、2巻を読みましたが続きを読みたくて仕方ないです。
20100530132807


頭がスッカラカンになるほどリラックスしました。
ゆっくり寝て明日からまた頑張ろう。おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

瑞冠の酒in シマムラ

一昨日(4/28)は、とっても贅沢な時間を過ごしました。
(もっと早く書こうと思ったのに風邪が治らなくてまた熱が上がってしまって、昨日は寝ていました)

朝はいつも通り慌ただしくお弁当を作って会社に行き、
17:50に退社をして駅に向かい、
アーバンビューグランドタワーアランビック12階のレストランシマムラ レスプリ ド ミクニで開催された「瑞冠の酒in シマムラ」というイベントに参加しました。

会費が10,000円と私の中で超高級でしたが、
その価値を考えると破格で、
自分の転職祝い(来月転職する事が決まりました。またご報告します。)しちゃおうと思って参加してきました。


今回のテーマは「日本酒で、フレンチのフルコースを楽しむ」でした。

瑞冠の酒in<br />
 シマムラ


具体的には、下記のようなレストランシマムラ レスプリ ド ミクニの美味しいお料理と素敵なサービスに瑞冠のお酒(山岡酒造)を合わせてもらい、幸せな時間を楽しむというものでした。

ということで、和と洋の融合のお食事だったので、
私のドレスコード(ドレスなんてほとんど持ってないけど)も和と洋の融合ということで、
フェアトレードのオーガニックコットンのデザインワンピにお母さんの箪笥に眠っていたおばあちゃんの帯揚げをベルト代わりにウエストに巻いてみました。これもなかなか好評でした。

○純米発泡ずいかん にごり生酒(新千本)&酒粕入りグージェール(シュー生地)


瑞冠の酒in<br />
 シマムラ


*発泡にごり生酒はシャンパンのようなお酒で、日本酒が苦手という人にぜひ飲んでもらいたいお酒でした。サッパリとしていておいしくて、いくらでも飲めてしまいそうでした。
グージェールは酒粕を小麦粉と焼くとチーズっぽい風味でオシャレで美味しかったです。


○純米吟醸こわっぱしずく酒(亀の尾)&琵琶湖の稚鮎のフリットと瀬戸田レモン

瑞冠の酒in<br />
 シマムラ

20100428192147

*こわっぱは、日本酒らしいキリッとしたお酒で、酒米の「亀の尾」は「奈津子の酒」で出てきた幻の酒米と言われていて、それを復活させて社長(写真の左の方、右は石川酒店の社長さん)自ら田植えをされるそうです。私も今年参加させてもらう約束をしました。
稚鮎は絶妙な火加減で、抹茶の衣が素敵な風味でした。


○純米吟醸瑞冠きもと しずく生酒(山田錦)&瀬戸内産竹の子目張のカルパッチョ キャビア添え

瑞冠の酒in<br />
 シマムラ

20100428193230

*瑞冠きもと しずく生酒は味がしっかりとしていて、お肉料理とかにもしっくりきそうなお酒でした。
もちろん、カルパッチョとも合っていて、竹の子の食感を楽しみながらおいしく頂きました。

○純米吟醸いい風 花2008年(雄町)&彩々春豆(うすい豆、空豆、スナックピース)とずわい蟹、生帆立貝柱のポタージュ カプチーノ仕立て キュルキュマとミント風味

20100428195427


*いい風は、少し寝かしてある分、深みがあって美味しいお酒でした。意外に甘いものに合いそうな気がしました。
ポタージュの魚介類と豆の春らしい美味しさを味わいながら、キュッと飲んでしまいました。

○純米瑞冠 合鴨米(亀の尾)&瀬戸内産目板鰈のグリエ 雲丹風味、3色アスパラ(緑、白、紫)のロースト 蛍烏賊と常節和え そのアスパラソース


瑞冠の酒in<br />
 シマムラ

瑞冠の酒in<br />
 シマムラ

*合鴨米は熱燗で頂きました。熱燗にすると角がとれて一味違った味わいで美味しかったです。
アスパラは光の加減で色が違うそうですが、味はどれも太いのに筋もなくとってもおいしかったです。鰈と蛍烏賊もとっても柔らかく、新鮮でおいしかったです。


○純米吟醸 瑞冠 山ハイ仕込2008年(亀の尾)&山岡酒造の合鴨のロースト 彩々春きのこのグラチネ添え コーヒーとマンゴー、今が旬 イタリア産 サマートリュフの薫り

瑞冠の酒in<br />
 シマムラ


*瑞冠 山ハイ仕込は、古来からの製法で作っているお酒で、乳酸菌の酸味がほんのり感じられる、味わい深いお酒でした。飲兵衛の父親の還暦祝いに買って帰るお酒に決めました。
合鴨のローストは、去年田んぼで頑張って働いてくれた子たちだそうで、とってもおいしく頂いてしまいました。マンゴーがアクセントになって、色んな味を楽しめました。


○三次三良坂 松原さんの“みらさか”と24ヶ月熟成ミモレット

*柔らかくてクリーミーなチーズと、ギュッと味の詰まった薄くスライスされたチーズを頂きながら、さらに山ハイが進んでしまいました。

20100428210356

瑞冠の酒in<br />
 シマムラ

○旬のフルーツの葛寄せ バニラアイスクリーム添え

20100428212336

*葛のまったり感がすごくおいしくて、あっと言う間になくなってしまいました。

○カフェ、ミニャルディーズ


20100428213225

*米粉のクッキーとジンジャーのマドレーヌと共にコーヒーを頂きました。

○山岡酒造の仕込み水

*食事中はお酒と共に仕込み水を出して頂きました。多分私の味覚が正しければ、硬度50くらいの中硬水で、程よいミネラルが美味しかったです。

丁寧に作られたお酒と絶妙に調理された旬の美味しい食材がマッチしていて、とってもおいしかったです。
しかも、山岡酒造の山岡社長さんと、石川酒店の石川社長さんが前に座っておられて、

瑞冠の酒in<br />
 シマムラ

隣には今回私を誘って下さった瑞冠大好きな溝辺さん(異業種交流会にいつも誘って頂いています)がおられて、色んなお話を聞くことが出来ました。

溝辺さんが企画して下さる異業種交流会は色んな方が参加しておられて、
この会が開かれたレストランシマムラ レスプリ ド ミクニが入っているアーバンビューグランドタワーアランビックの取締役 営業統括部長さんは、
以前異業種交流会でおいしいベーコンを焼いて下さった方でした。びっくり!!
やっぱり気遣いが素晴らしくて、さすがです。

20100428214127


さらに私が電車を乗り過ごさないように、西条止まりの終電に乗れるようにと、もう一軒付き合って頂きました。

おかげさまで、ちゃんと終電で自宅に帰ることが出来ました。
素敵な時間をありがとうございました(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとう、ちーちゃん♪

今日家に帰ってきたら、ポストの中に封筒が入っていました。

封筒には幼稚園の時からの親友の字があり、
中には親友の手作りのビーズで出来た帯留めが3つも入っていました。

嬉しい☆プレゼント

しかも、
緩衝材はゴミになるからと、
手作りポーチに入っていました。
嬉しい☆プレゼント

私が落ち込んでいるから励まそうと、作ってくれたそうです。


嬉しい。
嬉しすぎるプレゼントです。

良いことがたくさん起き始めた(^-^)
嬉しいなぁ。


帯留めデビューを果たさないと。
また楽しみが増えました。
ありがとう、ちーちゃん♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春のレクリエーションと芸術祭

4/10(土)は会社の春のレクリエーションの日(勤務日扱い)でした。

内容は、16チーム対抗ソフトバレー。

ただ私はレク委員になっていたので、
ほとんど準備や片付けなどの運営をしていたのですが、怪我もなく無事に終了しました。


といっても、
私の先週の心と体のピークは4/9(金)のモーニングセミナーに照準を合わせていたので、
レク委員の私は端っこでストレッチをしてる役立たず委員でした。


自分のチームは、みんな大人しい感じの方ばかりで…16位でした。
ブービーが狙えたはずなのに!?


順位のことはおいておいて、
レクリエーション中に嬉しいことがありました。
久しぶりに同期と話せたことも良かったですが、
ずっと私のことを気にかけて下さっているNPOの方が、
「近くを通りかかったから、小倉さんがいるかと思ってきてみました」
と会いに来て下さいました。


ありがたいなぁとつくづく思います。
鬱を抜け出した瞬間から嬉しいこと続きです。

食欲が起きなくてあまり味が分からなくなっていたのも改善されて、
すごく食欲が出てきました。

日曜日はお花見に行ったのですが、
花より団子の私は桜の写真は撮ったのに、
1.5人前くらい食べたおいしいランチの写真を取り忘れました。

春のレクリエーションと芸術祭

春のレクリエーションと芸術祭

春のレクリエーションと芸術祭

春のレクリエーションと芸術祭

春のレクリエーションと芸術祭


ランチを食べたお店「ホクストン」で、
竹原の街並み保存地区で芸術祭をやっていて、
実はそのお店も展示会場の一つになっていること、
お店に来たイスラム語っぽい言葉と日本語を話す個性的な白人女性がその芸術祭の代表者だという情報を得て、
その芸術祭を見に出かけました。


和紙で作った植物や、絵画、見たこともない美しいガラス細工、漆細工、金属細工などなど、
素敵な芸術に触れることが出来ました。
春のレクリエーションと芸術祭

しかも、最後に見た建物(いくつかの古い家を展示場所にしていたのでてくてく歩いて回りました)では、
ランチを食べたお店におられた芸術祭の代表の方が、
襖をキャンバスに新たな作品を作られていて、お話もしました。


前しか向いていない方で、
みんなが彼女の魅力に惹きつけられて、
サポートしたいって思うんだろうなぁと思う素敵な方でした。


芸術祭は4月18日16時まで開催されているようなので、
興味のある方はどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

着物でお出かけin 尾道

先週は金曜日に着物でシンポジウムに参加させてもらいましたが、
日曜日も着物を着てお出かけしました。


場所は、
私の大好きなお出かけスポット尾道です。

午前中は土曜日に引き続きよく寝てから、
シャワーを浴びて、
溜まりまくった洗濯物をしました。
今数えたら6日分溜まっていました…女の子とは思えない(^_^;)


そして午後からは2週間前にお父さんが持ってきてくれた着物の中でかなり気になっていたすみれ色の着物を着てお出かけしました。
最近着物と帯と帯揚げなどの合わせが楽しいです。
今回はすみれ色の着物に、
白と青の帯に赤い帯揚げと赤い足袋を合わせて、ピンクとグレーの帯締めをしました。

寒いのでさらに上から白のニットショールを着て、
手袋もはめていました。
S_img_4454

そんな格好で、
尾道商店街の中のお気に入りのお店でランチを食べて、
またまたお気に入りの刃物屋さんで買い物したり、
豆菓子や千光寺の桜の間伐材で出来た葉書を買ったりとのんびり時間を過ごしました。

さらに、
尾道が見下ろせる大好きなカフェでシナモンスティックの浮かんだホットワインを飲んで、
とってもいい気分に(*^_^*)


それだけでも楽しいのに、
着物を着ていたお陰で、
褒められたり、サービスしてもらったりたくさんいいことがありました。


まずはランチを食べたお店で、
頼んだきのこたっぷり雑炊セットのゴマムース意外にも
おいしい抹茶のシャーベットをサービスしてもらいました。
「着物のお客さんにはサービスです」といって、毎回おいしいシャーベットをサービスしてくれます。


刃物屋さんでは「着物を着ているから」と、
刀の鍔や持ち手部分の飾りを見せて下さったり、
ラクダの骨やマンモスの歯を柄の部分に使った包丁を見せて貰いました。
私はそこの包丁を愛用しているので、使い心地の報告もしました。
着物でお出かけin 尾道


豆菓子を買ったお店では、
「最近着物着てくる人はいるけど、こんなにうまく着こなしている人初めて見た。いいものを見ました。」
とこちらが恥ずかしくなるほどベタ褒めして下さいました。
着物でお出かけin<br />
 尾道


他のお店でも、
「あら、よく似合うわね〜」などと、
会話のきっかけになり、
とても楽しかったです。


しかも、おばあちゃんの着物だと言うと「おばあちゃん喜んでるよ」と皆さんが言ってくれて、
会ったことのないおばあちゃんにおばあちゃん孝行出来た気がして嬉しく思いました。
私は逆にこんな素敵な着物を残してくれたおばあちゃん(とその着物を私にくれたお母さん)に感謝の気持ちでいっぱいなんだけどな。


少し着物が板についてきたのかもしれません。

「好きこそものの上手なれ」
はこういうことだったのかと、納得しました。
着物着れるようになって良かったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

着物でシンポジスト

先週の金曜日、私は21時間くらい起きていたらしいです。

朝6時30くらいに起きて、帰宅したのが日付変わって本日午前4時くらい。
すごーく楽しい一日でした。


どんな一日だったかというと、
仕事はお休みして、
福山の北の方にある駅家西小学生で開催されたシンポジウムに参加させて頂いていました。
---------
「駅西型持続発展教育公開研究会
Education for Sustainable Developement」
研究主題:自立と共生をめざし、確かな学力を身につける子どもの育成

日時:2010年2月5日
場所:福山市立駅家西小学校
内容:

13:30〜受付
13:50〜14:35 公開授業(5校時)
14:45〜15:25  開会式・ 児童発表
15:25〜15:35  講評
15:35〜16:35  シンポジウム

テーマ「持続発展教育が拓く新しい社会―小学校教育への期待―」

シンポジスト:
・広島県立大学 准教授     藤井浩樹氏
・環境省認定環境カウンセラー 小倉亜紗美氏
・エルピーダメモリー       山下 祐己氏
・福山市教育委員会       岡崎 孝史氏
・福山市立駅家西小学校    村上 克之氏

主催:福山市立駅家西小学校
後援:広島県教育委員会、福山市教育委員会
---------------------------------------


朝起きて、紅葉の模様の着物と帯を着ました。

そして7:40に西条駅発の電車にのって、
福塩線の近田駅まで行きました。
通勤時間帯の電車に着物で乗ったのは初めてでかなり皆さんの視線が集まっていましたが、
途中で先週バドミントンの試合に同じチームで出た方が同じ車両に乗ってこられて、
先週はほとんどお話する時間がなかったので、
普段どんなことをしているのかなど色んなお話をして楽しく時間を過ごせました。


シンポジウムが開催された駅家西小学校は、福塩線の近田駅が最寄り駅なので、
初めて福塩線に乗り、
久しぶりに無人駅に降り立ちました。
ICOCAが使えなくてびっくり(ICOCAで駅に入ったので)。


近田駅からは小学校の先生が車で迎えに来てくださって小学校に移動し、
校長室でとっても熱心な校長先生から小学校の取り組みなどの説明をして頂きました。
午前中は県立広島大学の藤井先生が出前講座をされていたので見学させて頂きました。
他の方の講座を見学させて頂く機会はなかなかないので、とっても勉強になりました。


お昼はお昼ご飯を頂きながら午後からのシンポジウムの打ち合わせをしました。
エルピーダメモリーの山下さんにお会いするのは二度目でしたが、
さすが世界の中で戦う大企業の方です、話が分かり易く環境と経済についての考えについても聞かせて頂き、
またまたとても勉強になりました。


広島県や福山市の教育委員会の方、小学校の先生のお話も聞けて、
教育現場でどういう課題があり、それに対してどういう対策を行っているかなども教えて頂きました。


午後は、まず公開授業で小学1、4、5年生の授業風景を見せて頂きました。
これまでの授業で調べたことわ発表する時間で、
1年生は昔の冬の遊びを地域の方から教えて頂いたそうで、お手玉を一生懸命しながら、その「こつ」を見つけてみんなに紹介している子どもたちの笑顔が印象的でした。

4年生は「人を支えるとは」というとっても難しいテーマで、
ヘレン・ケラーを支えたアン・サリバン先生に焦点をあて、
助けるだけでなく、自立出来るようにすることが本当の支えるということだという先生の最後のまとめに、
感動して涙がこぼれそうになりました。


そして5年生は「食を通して世界を知る」ということで、
気候によって食べて入るものやその食べ方が違うということを勉強していて、
さすがだなぁと関心していました。


公開授業の後は、体育館に移動して小学校5年生のリコーダーのバックミュージック付きの発表を見せてもらいました。
地球温暖化防止のためにバスをもっと使うための提案をバス会社にしたそうで、
学びを生活・社会と結びつけていて素晴らしいと思いました。


そんな素晴らしい発表の後のシンポジウムで、私もお話させて頂きました。
テーマは「持続発展教育が拓く新しい社会―小学校教育への期待―」で、
何をお話しようか考えた結果、私は「学ぶとはどういうことか?」という私なりの考えをお話させて頂きました。
結論は
「人生を豊かにするため」
で、それは人は人の役に立てることで幸せだとを感じると思うので、
そのための力を身につけることが学ぶことという意味も含んでいます。


司会をしておられた駅家西小学生の村上先生に、
「本当に勉強が好きなんですね」と言われたんですが、
そういう意味では欲張りな私は「勉強好き」かもしれません。


着物を着ていったのも、
日本文化に愛着を持ち楽しんで学びたいからでした。
ちょっと季節外れだけど、
広島っぽく紅葉柄の着物に紅葉の帯を合わせて、
さらに自分の生活に取り入れて楽しんじゃってますという意味を込めてニットのショールを着たままお話しました。
(残念ながら写真を撮れませんでしたので、着物の写真のみアップしておきます)
着物でシンポジスト

他のシンポジストの方のお話もとっても勉強になりました。

その中で私のツボにはまったのが福山市の教育委員会の岡崎さんが紹介された環境のキャラクター「クワイくん」。
HPに載っているらしいのですが、
クワイの芽の部分で情報をキャッチする、鋭い目をしたゆるキャラです。
そんな色んなことが学べたシンポジウムでした。


その後は福山駅の近くの素敵なお店で懇親会に参加させて頂いて、
小学の先生方とさらにゆっくりお話をしました。


そして駅前でもう一軒はしごして、終電(新幹線)で広島まで帰り、
さらに流川でオカマのママがいるお店でのんで…家に帰り着いたのは午前4:30頃?

2日分くらい楽しんだ濃厚な一日でした。
あ〜楽しかった(*^_^*)
こんな素敵な時間を与えて下さった皆さん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

着物でお寺で講演してきました( ^-^)

昨日は、本願寺別院というお寺で、
講演をさせてもらいました。

イベントの企画をされた方々は上関原発の建設予定地の対岸の祝島出身の同い年の女の子と住職さん。

私は原発反対というお話しではなく、地球温暖化の原因や影響、COP15の話やこれからどうしていくべきか、エネルギーって何なのかなどのお話をしました。

お話を聞きにきておられた方の中には、原発反対!という方もおられたと思いますが、
同世代の若者、
子供のためにどうすればいいか知りたいという子育て中のお母さん、
住職さんを目指されている方、
私の誘いを受けて来て下さった方、
映画監督、共同通信の方など…様々な方がおられました。

S_img_4395

ちなみに私は憧れの着物で講演をさせて頂いたのですが、
これがまたまた好評でした。
昨日はピンク色の小さなススキの柄の着物に、
白地(といってもちょっとクリーム色っぽいです)に鳥とキキョウのような花の描いてある帯を合わせて黄緑色の帯揚げ、白とピンクで編んである帯締めをあわせました。


でもどうも帯がきれいに結べなくて…遅れちゃいけないので諦めてそのまま会場に行ったら、
聞きに来られたおばさまが直して下さった上に、
色んなポイントを教えて下さいました。

私は着物を着ても大荷物を持つし、走るし、結構アクティブに動いているので皆さんにびっくりされるのですが、
ポイントを押さえてあるので着崩れたりはしないです。
ただ昨日はお話させて頂いてる途中で喉がカラカラなうえに、
右足の中指近辺がつってしまい、
皆さんにバレないように取り繕いながらお話していました。

そんな状態だったのですが、皆さん真剣に聞いて下さってとっても嬉しかったです。

S_img_4379


驚いたことに、
4年くらい前に「かっぱのおうち」(HPを見るかググって下さい)の代表としてお話させて頂いた時に話を聞いたという方がいらっしゃって、
「あのときと変わらずキラキラしてるね」
と言って下さって嬉しかったです。
エコライフクリエーター小倉亜紗美として、とっても嬉しいほめ言葉です。
科学者は事実を語ると共に、みんなが希望を持てるような道を示す役割があるのではないかと最近思います。

だから、
これからもキラキラとそんなお話をしていきたいと思います。


| | コメント (5) | トラックバック (0)

One of my dream is come true!

今週の日曜日に、50分間「地球温暖化とエネルギー」という題目でお話をさせて頂きます。

詳細は以下です。

----------------------------------------

http://nonukesrelay.jugem.jp/?eid=82

日にち:2009年12月20日(日)

場所:本願寺別院(JR横川駅から徒歩10分くらい。広電「別院前」電停の前)
タイムテーブル:
10:30 開場
11:00 鎌仲ひとみ監督『ぶんぶん通信1』ほか上映
12:00 食事を兼ねた懇親会(持ち寄り形式です。食べたいもの、食べてもらいたいものを持って来てください。)
13:00 お話し会(高島美登里さん、小倉亜紗美さん)
15:00 終了予定

------------------------------------------------------------------

私の持ち時間は14:00〜15:00です。

それのどこが One of my dream is come true! なのかというと、

今回、着物を着て講演をさせてもらえるのです。

ちょっと前から着物で講演をしてみたい!!と思っていたのですが、

なかなかそんな場はないだろうと思っていたらあったのです。

今回このお話をさせて頂くことになって、

場所を聞いたらお寺だということで、

自分から着物でお話させて下さいとお願いしたら、

すぐに嬉しいお返事を頂けました。

なので、One of my dream is come true! なのです。

お時間のある方はぜひいらして下さい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

着物でお出かけシリーズその6 くらい?

先月はなぜだかたくさんお出かけしました。

11月14〜15日島根県
・たたらと刀剣の博物館
・松江城
・有福温泉
・石見銀山


11月27〜29日高知県
(色々お誘い頂いた皆さんすいません。先に予約しちゃっていたのでこっちを優先しちゃいました)
・高知城
・坂本龍馬が生まれた町記念館
・高知県立坂本龍馬記念館
・紙の博物館
(・くろうどという宿で機織り体験)


全て着物で行きました…といいたいところですが、
さすがに石見銀山の洞窟の中に行くツアーに参加したときは洋服にしました。


たたら製鉄の博物館は、
日本古来の製鉄の仕方はもちろん、明治に入り日本に入ってきた製鉄法との違いや、鉄鋼の組成や刀の作り方、製鉄に使う道具の展示などもあり、一見の価値のある素敵な博物館でした。

S_img_4056
この写真はその道中。


松江城は焼けたりせずに残っているお城で、庭園との調和がとても素敵でした。
お城の中の板の間は足袋で歩きやすかったのですが、階段は急勾配でかつては着物の女性など入ることが無かったのだろうと思いました。
しかも、お城の中にはたくさんの刀や鎧が展示してあって、大興奮でした。
S_img_4087
松江城です。

S_img_4084
松江城の石垣と私。


続いて有福温泉ですが、前から泊まってみたかった素敵な旅館に泊まりました。
部屋にはお茶の葉を温めた香りが満ちていて、ゆっくりハーブティーやお酒飲むスペースもあって、置いてある家具も趣があるいいものばかりでした。
もちろん食事もとってもこだわった地元の食材を丁寧に料理してあって、とっても美味しかったです。

S_img_4097


そして世界遺産の石見銀山。
ガイドさん付きの洞窟ツアーに参加しました。
でもこの日はあまりに寒くて…レギンスな私はジャージをお借りしましたが寒くて鼻水が垂れそうでした。
洞窟の中も外も10℃以下で、屋外は風が吹いていたので余計寒かったです。
でもガイドさんの説明はとても分かり易く、石見銀山の歴史的な話はもちろん(戦国時代から銀山として掘られていて、当時の世界地図にも載っていたそうです)、なぜ世界遺産に登録されたか、当時の労働者の生活など、幅広く深いお話しを聞かせて頂きました。
こういう知的財産にはちゃんとお金を払うべきだと改めて思いました。
ちなみに私が参加したのは有料のツアーです。


S_img_4165


S_img_4161


S_img_4139


洞窟の中には昔の銀を運び出すときに使ったトロッコのコロがそのままあり、地面には水が溜まっていました。
手堀りの場所と火薬を使った場所では岩の表面の粗さが違ったり、人一人がようやく這って進めるようなところもあり、貴重な経験が出来ました。
案内をしてくれた方に教えてもらったのですが、
秋吉台のコウモリが冬は石見銀山に来るそうです…壁がびっしりとコウモリで埋めつくされているのを見て悲鳴をあげてしまいました。
洞窟ツアーの後、銀山の発展に伴って出来た街を歩きました。
16時には半分くらいのお店が閉まっていましたが、古いお店も残っていました。
銀山の労働者が食べたという、大豆入りの飴を買いました。素朴な味でした。

20091117063803


それと若い人がやっているナチュラル雑貨などを置いているお店で、菜の花の油から作ったろうそく、味噌壺を買いました。


20091117063853


味噌壺は島根の辺りで昔から作られている焼き物だそうで、一つ一つ形が微妙に違っていました。

20091209003751

島根の旅はそんなこんなで、歴史と文化を深く学ぶことが出来ました。

次に高知の旅です。

高知城の前には板垣退助の銅像が建っていて、眺めていると通りがかり(多分お散歩中)のおじさんが、たくさん解説をしてくれました。
そのおじさんのお祖父さんは龍馬と同じ時代に生きていたから…と当時の様子を伝え聞いたと教えてくれました。
また、銅像の横にセンダンという木の巨木があり、これはよく目立つから高知では旅人の目印になるようにと、町中に植えてあるんだとも教えてくれました。
階段を昇るときれいな銀杏の木があるからその前で写真を撮るといいよと…教えてもらったのに、お城に夢中で忘れてしまいました。
高知城も当時のままの古いお城で、殿様が座っていた間の裏の忍者とかが隠れるスペースも見せてもらえました。
殿様はいつもそこにいるわけではないので、トイレは1つしかなく、しかも排泄物は他に運べるような構造になっていました。
城の内壁は漆喰でとてもきれいでした。

S_img_4230
センダンの木。

S_img_4232
高知城。

続いて、龍馬が生まれた街記念館ですが、ここは龍馬が小さい頃にどんな風習のどんな町で育ったかを紹介しているところでした。


そして、桂浜と高知県立坂本龍馬記念館ですが、
桂浜には巨大な坂本龍馬像があり、海の向こうを見据えています。

S_img_4274

そこからちょっと丘を登ったところに、高知県立坂本龍馬記念館があります。
そこには龍馬が書いた手紙(複製)や京都の寺田屋で殺されたときの血が付いた屏風(複製)、掛け軸(複製)、そして龍馬が使っていた銃(複製)など色々なものが展示してありました。
司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読んでから行くべきところだと思います。


そして機織り体験。
手織りのパンツとかをはいているのに、手織りを体験したことが無かったので、夢中になってしまいました。
木で出来た機織り機はとてもよく考えられていてさすがだと思いました。

S_img_4302
機織り中。

S_img_4310
機織りの体験できる家からのきれいな夕焼け。
センダンの木がきれいでした。

そして最後に紙の博物館です。
紙の博物館では和紙が出来るまでの工程が分かり易く展示してあり…原料の「こうぞ」などの植物から製品の和紙になるまでに除去される成分が94%という説明にびっくりしました。
また、紙漉の枠の下の部分が細く割いた竹で出来ているのにもびっくりしました。
また、ここは紙の展示だけでなく、書道家の書の展示もあり、初めてじっくり見ました。
字がその意味を現しているようで、ほんの少しだけ書道を楽しめた気がします。


高知市は、広島市と同様に路面電車が生活の足になっていて、快適でしたが、広島の方が利用者が多いからか価格は安く、電車の種類が豊富で電停も広いようでした。
でも高知の路面電車は日本で一番古いらしく、それが大切に引き継がれている感じが素敵でした。

S_img_4225


高知では、ケンピという300年以上前から食べられているお菓子と和紙のハガキを購入しました。

20091204003115


最近、博物館マニアになりつつあるのではないかと思うほど、博物館が楽しいです。
多分知的好奇心をくすぐられることに快感を得るのだと思われます。


こんな楽しいことばかりしていたら罰が当たりそうです。
今月は3回講演させてもらうので、その準備を頑張ります♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)

おばあちゃんの遺産

うちの母方の家系は寿命が短いらしく、私は母方のおばあちゃん、おじいちゃんにはあったことがありません。


唯一知っているのは、
阪神大震災で潰れる前の母親の実家にあったお仏壇の写真だけでした。


しかし、最近、おばあちゃんの遺産をたくさんもらっていることに気付きました。
最近私が着ている着物たちは、帯と草履は自分で買いましたが、それ以外は全てお母さんがくれました。

その着物たちは、おばあちゃんが買ったものらしいのです。
おばあちゃんがお母さんや叔母さんに買ったもの、
自分で着るために作ったもの…しつけ糸の通ったままのものもたくさんあります。
とっても素敵な着物がたくさんあって、まだまだ袖を通せていないものだらけです。

おばあちゃんには会ったことがないけど、
着物を着るようになって何だか身近に感じられるようになりました。


きっと着物を買うお金をもらっても、
お母さんにもらったような素敵な着物を私が買うことは出来なかったと思います。
私が着物生活を楽しむことが出来ているのは、おばあちゃんがいいものを残してくれていたからです。
だから、おばあちゃんは着物という文化遺産を私に遺してくれたのです。


これからもおばあちゃんの遺産で、着物生活楽しみたいと思います。
おばあちゃん、ありがとう(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧